五味滓太郎

五味滓太郎「友達の義母と姉に誘惑される話(前編・後編)」同人エロネタバレ

五味滓太郎「友達の義母と姉に誘惑される話(前編・後編)」のネタバレを画像を使って紹介。

友達の義母と姉に誘惑される話・後編-五味滓太郎-エロ画像1

「友達の義母と姉に誘惑される話 後編」は前作からのつづき。

「あること」がキッカケで、不眠症になってしまった下呂。

心配してくれた親友の健太郎に「夏休みに一緒に実家に帰省しないか?」と誘われたのでした。

船に乗って田舎に行ったその日、

・健太郎と義母のオマ〇コを見てしまったり
・健太郎の姉のハダカを見てしまったり
健太郎が義母とセックスしてるのを見てしまったり

刺激が強すぎることばかり起きて、不眠症は治るどころか悪化。

その翌日、

「昨日の夜に息子とセックスしたの内緒にしてくれる?」

義母から頼まれた下呂。

口止めする代わりにフェラしてもらったあと、セ〇クスさせてもらう!

というシーンから始まっていきます。

友達の義母と姉に誘惑される話・後編-五味滓太郎-エロ画像2(主人公の童貞喪失は中出しです)

友達の義母と姉に誘惑される話 後編 画像ネタバレ

友達の義母と姉に誘惑される話・後編-五味滓太郎-エロ画像3

1度目のセックスでたっぷりと中出ししてしまった下呂。

満足してる下呂とは反対に

「お願い、次はバックで」

まだ物足りない義母はベランダに行ってチ〇ポを求めてくるのでした。

 

親友の義母とこれ以上セックスはしてはいけない。と思って

「あのっ昨日のことは絶対に秘密にしますから」

この場から去りたい下呂。

なのに、

「私じゃ失恋の慰めにならない?」

下呂が不眠症になった原因は「失恋したこと」だと、義母は知っていたのでした。

友達の義母と姉に誘惑される話・後編-五味滓太郎-エロ画像4

下呂が失恋したことは「2人だけの秘密にする」と固く誓った健太郎。

なのに、あっさりとバラされていたことを知って、

(健太郎のやつ・・・)

裏切られたと悔しい気持ちでいっぱいの下呂は、再び義母にチ〇ポを挿入していくのでした。

友達の義母と姉に誘惑される話・後編-五味滓太郎-エロ画像5

友達の義母と姉に誘惑される話・後編-五味滓太郎-エロ画像6

友達の義母と姉に誘惑される話・後編-五味滓太郎-エロ画像7

友達の義母と姉に誘惑される話・後編-五味滓太郎-エロ画像8

(お前が大切な俺のヒミツをバラしたんだからな)

(だから俺は、お前の大切な義母とセックスしてやるっ)

1度目のセックスよりも激しくピストンを繰り返してく下呂。

 

バックでピストンされて歯を食いしばりながら感じる義母。

「好きっ下呂くんのおちんぽ大好きっ」

「私のオマ〇コ、下呂くんの形になってるっ」

マン汁を垂らしながらイキそうになってきたのでした。

 

友達の義母と姉に誘惑される話・後編-五味滓太郎-エロ画像9

「おーい!下呂!」

「そんな所で何してんだ?」

そこにタイミング悪くやって来たのは健太郎。

「早く海行こうぜー」

セックスしてる真っ最中のベランダまでやって来てしまったのです。

洗濯してるシーツがあるおかげで、セックスしてることはバレなかった2人。

でも、

義母がセックス終わったばかりで1階へ行くとマン汁が垂れたせいで、
セックスしていたことは、旦那にバレてしまったのでした。

 

一方で

「下呂のやつ遅えなぁ」

海で下呂を待つも、ぜんぜん来なくて待ちくたびれていた健太郎。

その頃、下呂は家で健太郎の姉に

「セックスしようか?」

と言われて、オマ〇コを見せられていたのです。

 

(お姉さんに誘われてもさすがにセックスは出来ない)

そう思って

「健太郎に悪いですから」

と返事をする下呂。

なのに姉は

「そんなんだから彼女取られるんだよ?」

オナニーまで始めてしまったのです。

 

(どうしてお姉さんまでフラれたことをしってるんだ!)

(また健太郎のしわざか!)

怒りが一気に爆発してしまった下呂。姉のマ〇コを思いっきり舐めていくのでした。

友達の義母と姉に誘惑される話・後編-五味滓太郎-エロ画像10

「え?もうイったんですか?」

軽くクンニしただけなのに、イってしまって痙攣してる姉。

「お姉さん、男慣れしてると思ったのに」

驚いてると

「だって私処女だもん」

姉は処女だと告白してきたのでした。

 

敏感になってる姉のマ〇コをさわっていく下呂。

手マンしてるとオシッコを漏らしてしまったのです。

昨日と同じようにオシッコを拭いてあげてると

「もういいから早く挿れて」

バックの体勢でチ〇ポを挿れてもらいたいのでした。

友達の義母と姉に誘惑される話・後編-五味滓太郎-エロ画像11

ついさっき、健太郎の義母を相手に童貞卒業したばかりの下呂。
なかなか上手くチ〇ポを入れることができないのです。

あお向けになってもらって無事にチ〇ポは挿入。

たっぷりと精子を中出ししたのでした。

 

その日の夜。

「あんなこと」が起きるとは

下呂も健太郎もまだ知らない・・・

友達の義母と姉に誘惑される話・後編

→無料サンプルと本編はこちら

前編

友達の義母と姉に誘惑される話・前編-五味滓太郎-エロ画像-1

友達の義母と姉に誘惑される話・前編-五味滓太郎-エロ画像-2

友達の義母と姉に誘惑される話・前編-五味滓太郎-エロ画像-3ある事が原因で不眠症になってしまった下呂。

親友の健太郎が心配してくれて「田舎の実家は下宿をしてるからしばらく泊まりに来ないか?」声をかけてくれたのでした。

夏休みになり健太郎の帰省に同行することに。

船に揺られて離れ小島に到着すると、健太郎の義母と姉が出迎えてくれていたのです。

階段を上ってる時に義母のスカートの中。しかも透けてるパンツからマン毛まで見えてしまった下呂。

(見てはいけない)と思って視線を外そうとした時に階段を踏み外してしまったのでした。

そのまま親友の義母のおっぱいに顔を押し付けてしまうも、怒られることはなかったのでした。

友達の義母と姉に誘惑される話・前編-五味滓太郎-エロ画像-4

のどかな雰囲気の田舎町。

(ここなら眠れるかもしれない)

不眠症が治るかもしれないと期待していた下呂。

 

健太郎から

「風呂入って来いよ」

と言われて、旅の疲れを癒しに向かったのでした。

 

部屋から出ると、床の雑巾がけをしていた健太郎の義母。

足音に気付いて

「ようやく来てくれたのね」

「私のココ、もうグチョグチョなのよ」

スカートをめくってノーパンのオマ〇コを見せてきたのです。

オマ〇コをくぱぁと開き

「見てないで早くして」

下呂を誘ってくるようなことを言ってきたのでした。

 

友達の義母と姉に誘惑される話・前編-五味滓太郎-エロ画像-5

親友の義母のオマ〇コだから「見てはいけない」と思っていても、目を離せない下呂。しっかりとチ〇ポを勃起させてしまっていた時、

「えっ下呂くんじゃないっ!」

「主人と勘違いしちゃってっ」

義母はオマ〇コを旦那ではなく息子の親友に見せてしまったとやっと気付いたのでした。

「ぼ、ぼくは何も見てませんので!」

下呂は顔を赤くしたまま風呂場へと向かうのでした。

友達の義母と姉に誘惑される話・前編-五味滓太郎-エロ画像-6

湯舟に入って

「刺激的だったな・・・」

健太郎の義母のマ〇コを思い出してしまう下呂。

そこに

ガラガラっ

風呂場のドアが開く音が聞こえてきたのです。

「やっと来たか健太郎」

親友が入ってきたと思っていたのに

「気にしないで」

小さなバスタオル1枚で入ってきたのは健太郎の姉。

下呂がいるのに気にしないで、シャワーを浴び始めたのでした。

 

友達の義母と姉に誘惑される話・前編-五味滓太郎-エロ画像-7

親友の姉のハダカなんて見てはいけないと思って下を向いてしまう下呂。

気まずくて

「はじめまして」

と挨拶するも、

「初めましてなんてヒドイ男ね」

そう言ったあと下呂が入ってる湯舟に入ってきたのでした。

 

「お、俺、もうあがりますっ」

逃げるように風呂から上がって脱衣場で着替える下呂。

(この家の女は一体どうなってるんだ?)

性に開放的というかエロすぎる義母と姉に困惑してしまうも、脱衣カゴに入っていた健太郎の姉のパンツを見つけてニオイを嗅いでしまうのでした。

 

友達の義母と姉に誘惑される話・前編-五味滓太郎-エロ画像-8

友達の義母と姉に誘惑される話・前編-五味滓太郎-エロ画像-9

食事を食べて布団に入っても、義母のマ〇コと姉のハダカが頭から抜けない下呂。

(この町なら不眠症が治る)

と期待していたのに、刺激的なことが起きすぎて眠れそうにないのです。

 

水飲み場に行って水を飲んでると、聞こえてきたのはアエギ声。

どうしても覗いて見たくなった下呂は、アエギ声がする部屋のふすまを少し開いてみたのでした。

 

「俺、もうイクからっ」

「義母さん出すよっ!」

部屋でセックスしていたのは、義母とまさかの健太郎。

でも、他人のセックスなんて1度も見たことが無かった下呂は、2人の性行為から目を離すことは出来なかったのでした。

 

翌朝、目が覚めてトイレに行った下呂。

(昨日はとんでもないものを見ちゃったな・・・)

個室のドアを開けると

「ごめん、入ってる・・・」

オシッコをしてる真っ最中の健太郎の姉。

 

「ごっごめんなさい!」

猛ダッシュでその場から立ち去ろうとするも、

「トイレットペーパー取ってきて」

と頼まれてしまうの素。

トイレの入り口に置いてあるトイレットペーパーを取って手渡して去ろうとするも、

「拭いてくれない?」

オシッコをしたばかりのオマ〇コを拭いて欲しいと頼んできたのです。

 

「そんなこと出来るわけありません!」

当然のように断る下呂。

なのに、

「じゃあ昨日、私のパンツにイタズラしてたのバラしてもいい?」

脱衣所でパンツのニオイを嗅いでいたことはバレていたのです。

 

オマ〇コを拭いていくと当然のようにフル勃起してしまった下呂。

姉にしっかりと見られてしまい

「彼女いたことないんでしょ」

挑発するような言葉を言われてしまうのです。

 

「お、俺だって!」

姉にキスしてチ〇ポを挿れようとするも

「私のこと思い出すまでだめ」

そう言い残して姉はトイレから出て行ってしまったのです。

 

さらに、

歯を磨てる時にやって来た義母。

「昨日はよく眠れた?」

そう言ったあと

「昨日、見たこと内緒にしてくれる?」

「約束してくれたら・・・」

トイレに連れ込まれ、フェラしてもらうのだった・・・

友達の義母と姉に誘惑される話

→無料サンプルと本編はこちら

最新記事

人気記事ランキング

-五味滓太郎
-, , , ,