女性向け

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれないネタバレ「異世界転生して孕まされる」

Haikey「冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない」ネタバレと感想、見どころを画像を使って紹介。

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない-表紙画像

「冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない」は、

「私の目の前にいるこの男性は誰?」

いきなり知らない男性の前に立ってる女性と、

「ようこそロキオン王国へ」
「俺は第二王子のアステラ」

整った顔立ち、碧色の瞳をしてる冷徹な王子が主人公。

 

「俺の子供を産んでもらうためにお前を転生させた」

訳がわからないまま押し倒されてしまう!

というシーンから始まっていきます。

 

「異世界転生は知ってるか?」

いきなり言い出した王子。

(そんなの漫画の世界でしょ?)

と思ってるのに、

「この国は他の世界で死んだ人間を転生させることは合法だ」

「俺は誰でもいいからこの世界と関係ない人間を転生させる必要があった」

と言ってくるのです。

 

「もし、あなたの言うことが本当なら」

「私は1度・・・」

「死んだってことなの?」

 

自分の名前が佐々木沙織だということ、

普通の会社員だったこと、

飲み会の帰りにトラックにひかれたこと...

を思い出したのでした。

 

いきなりたくさんの情報が頭の中を襲ってきて、冷静になりたかった沙織。

「ちょっと外の空気を吸いに・・・」

と言うも、

「お前がどんな人間だろうと俺には関係ない」

「おとなしくしろ!すぐに終わらせる!」

服を脱がされ、乳首を舐められ、アソコに指を入れられるのです。

 

「やめて!」

必死に抵抗するも濡れてしまうアソコ。

挿入の準備が整って王子がズボンを脱ごうとした時、

「どこの王子か知らないけど、あなたはそんなに偉いの?」

「私のいた世界では、こんなこと通用しないから!」

沙織は王子の顔を思い切りビンタするのです。

 

「ふざけんなよ?」

「ここはお前のいた世界じゃない!」

「大人しく犯されろ!」

 

両手をベッドにキツく縛られたあと

抵抗できないまま

挿入されてしまうのだった・・・

 

「冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない」を読んだ感想をひと言でまとると

自分勝手な王子が本当は誰よりも優しくて、キュンキュンしました!

(エッチシーンも無理やり・・・、愛のあるセックスと見どころたっぷりでした!

ではここから、「冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない」のネタバレを紹介していきます。

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない あらすじをネタバレ

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない-ネタバレ1

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない-ネタバレ2

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない-ネタバレ3

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない-ネタバレ4

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない-ネタバレ5

両手を縛られ、身動きすることができない沙織。

ビンタされてキレてしまってる王子に、挿入されてしまったのでした。

 

「やだっ」

「あなたの子供なんて産みたくない!」

「お願い!抜いて!」

 

必死に抵抗するも奥まで挿入されてしまい、チ〇ポは膣奥を何度も刺激してくるのです。

 

(この女が妊娠して俺の子供を産んでくれれば、それで問題はすべて片付く・・・)

 

アステラは沙織とセックスをしてる最中、

「どうして沙織を転生させたのか?」

原因を思い出していたのでした。

 

元々は子供が大好きで優しい性格のアステラ。

家がない子供のためにパンを焼き、花を育て、それをカゴに入れて分け与えていたのです。

 

(俺は国のこと、家のこと、王位継承には興味はない)

 

国民から「第二王子は役立たずだ」と言われても、

この子たちの笑顔が見れるだけで幸せだ・・・

充実した日々を送っていたのです。

 

そんな時、
アステラの父親である国王が病気に。

皇位継承は誰がするのか?

という時に、第一王子のガラシアがアステラのところにやって来たのです。

 

「お前がパンを与えてるあの子どもたちは国から追い出した」

「お前に命令がある」

「何をするのも勝手だが、王族の血は絶対に絶やすな!」

第一王子ガラシアの息子は亡くなってしまったこともあり、継承者は王族の血をひくアステラに託されたのです。

 

(俺の血を受け継ぐのであれば、子供を産む母親は誰でもいい)

(国民には迷惑はかけれない)

(転生人なら何も問題はないだろう)

 

そういう経緯で沙織は転生させられてしまったのでした。

 

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない-ネタバレ6

「まって!まって!!」

「中はだめぇぇっ!」

沙織が必死になって抵抗するも、

「この女には悪いが、役目を果たせば用済みだ・・・」

たっぷりと中出ししたアステラ。

 

そう思っていたのに、

「かわいいな・・・」

沙織を見てボソっと言い、部屋を去っていくのです。

 

「え・・・」

アステラの言葉に戸惑うも、そのまま眠った沙織。

翌朝、大きなベッドで目が覚めて

(夢じゃないんだ・・・)

(私、昨日、本当に・・・)

昨夜のことを思い出すのでした。

 

そこにやって来たアステラ。

手にはトレーいっぱいの美味しそうな朝食を持っていたのです。

その姿を見た沙織は

「アナタに犯されたのに食欲があるわけないでしょ!」

出された朝食を突き返すのです。

 

「俺はお前が孕むまで何度も犯す」

言葉では乱暴なことを言うも、
アステラはぶどうをやさしく食べさせてくれるのでした。

 

夜になり、沙織の部屋にやって来たアステラ。

ベッドに座ると

「昨日は悪かった」

「俺は間違っていた」

沙織の目を見つめながら謝罪してくるのです。

 

そのまま沙織にキス。

「怖くない?」

今度は沙織に確認してからアソコをさわっていくのでした。

昨日の夜は

「お前は孕むだけで用済みだ!」

と言われて、アステラを自分勝手で最低な男だと思っていた沙織。

でも、

朝食を用意してくれたり、アステラが見せた笑顔に

(悪い人じゃないのかも・・・)

と思うようになっていたのです。

 

朝食が済んでから夜になるまでアステラのことをずっと考えていたせいで、エッチすることを期待してしまっていたのでした。

 

キスされただけで濡れてしまっていた沙織のアソコ。

お互いを思う気持ちが昨夜とは変わっていた2人。

濃厚なエッチが始まっていくのだった・・・

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない-ネタバレ7

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない 感想と見どころ

いきなり転生させられて犯されてしまったシーンから始まった「冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない」でした。

(自分勝手で最低な男・・・)

と思っていたけど、アステラの本当の優しい姿を知って気持ちが変化していきました。

その気持ちの変化はエッチにも反映されて、

最初は無理やり感じさせられていたけど、
2回目は自分も感じちゃってしまいました。

指を入れられ敏感なトコロをさわられて、本気で感じてしまいます。

「挿れるぞ」

と言われた時には受け入れ体勢も十分で、アステラのおちんぽを締め付けてしまいました。

中出しされたあとも

「一滴もこぼすなよ」

と言われて抵抗もせず、

(この人の子供を妊娠するんだ)

という覚悟も感じました。

「冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない」は絵がキレイで、エッチシーンもとっても見やすく、

沙織さんのカラダの反応、アステラのピストンの動きなども繊細に描かれていました。

(手マンする時のアステラの指がキレイだったは印象的でした)

バック、騎乗位、正常位と何度もセックスを繰り返していく2人。

結末もハッピーエンドで非常に見どころが多かった作品でした。

公式サイトのDLsiteでは高画質サンプルが見れるので、チェックしてみてください。

冷徹王子は溺愛の素質があるかもしれない
\公式サイトはこちら/

→無料立ち読みと本編はこちら

-女性向け
-, ,