荒井啓

名前も知らないあの子とネタバレ!家が貧乏なせいで好きでもないセックスを繰り返す美少女

エロ漫画「名前も知らないあの子と」ネタバレ、感想、見どころを1巻から最新話まで画像を使って詳しく紹介しています。

名前も知らないあの子と-全巻ネタバレ

荒井啓が描く「名前も知らないあの子と」は、

同じ学校の生徒を相手にエンコーしてる「原口ともよ」が主人公。

1年生の野田直人を見張りにして、
橋の下でセ〇クスしていた!

というシーンから始まっていきます。

 

「お金さえ払ってくれれば、何をしてもいい」

という条件で、
遠慮なく中出ししていく男たち。

直人は名前も知らない女の子のエンコーが終わるまで覗くこともせず、しっかり待っていたのです。

 

それから数日後。

「今日はお前ん家でセ〇クスしてもいい?」

ラブホ代わりに家を貸してほしいと言われた直人。

 

これからセ〇クスする男女を自分の部屋に案内するのです。

気を利かせて部屋を出て行こうとするも、

「見られてる方が興奮するからそこにいて」

知らない2人のセックスが終わるまで、待機させられてしまうのでした。

 

それから数日後。

直人の部屋に1人でやって来た名前も知らないあの子。

「ねぇ。セ〇クスしよっか?」

いつしか好きになっていた女の子に
童貞を卒業させてもらうのだった・・・

 

「名前も知らないあの子と」を読んだ感想をひと言でまとめると、

部屋を貸してくれたお礼に、童貞を卒業させてくれるシーンが最高にエロかった!

ではここから「名前も知らないあの子と」の画像ネタバレです。

名前も知らないあの子とーネタバレ1

「名前も知らないあの子と」全巻画像ネタバレ

「名前も知らないあの子と」1巻の画像を7枚だけ載せておきます。

漫画の雰囲気・登場キャラなどをお楽しみください。

名前も知らないあの子とーネタバレ2

名前も知らないあの子とーネタバレ画像3

名前も知らないあの子とーネタバレ4

名前も知らないあの子とーネタバレ5

名前も知らないあの子とーネタバレ6

1話

名前も知らないあの子とー1話ネタバレ

ガタン・・・ゴトン・・・

鉄橋下で制服を着たままセ〇クスをしてる男女。

そして、

「早く代われよ」

「こんなところを見られたら大変だろ」

順番待ちをしてるもう1人の男。

 

ナマで挿入して腰を振っていく男は

「大丈夫だよ。見張りがいるから」

「それに見られてるかもしれないって思う方が興奮するだろ?」

ピストンはどんどん早くなっていき、大量に中出しをするのでした。

 

1人目のセ〇クスが終わり、すぐに2人目が挿入。

「中までお前のでベトベトじゃねーか!」

チ〇ポに友達の精子が付着して気持ち悪がるも、そのまま中出しをしていくのです。

 

セ〇クスが終わるまで約束を守り、誰も近づいてこないように見張りをしていた直人。

エンコーが終わった原口ともよが近づいてきて、

「あれ?まだいたの?」

「金入ったから、おごってやるよ」

一緒にファミレスへ行くのでした。

 

名前も知らない女の子の先輩がエンコーしてる理由を察していた直人。

「本当にドリンクだけでいいの?」

「草食系は彼女できないよ?」

と言われても、1番安いドリンクだけおごってもらうのです。

 

その時、

「ちょっと!これ注文したのと違うじゃん!」

声のした方を見てみると、
頭を何度も下げて謝ってるウェイトレスさん。

 

原口ともよは

「あーあ、お客さんに頭を下げるなんて私には出来ないね」

「お金をもらうなら、セ〇クスする方がラクなのにね」

直人に向かってボソっとしゃべるのでした。

 

直人は何も言えず、ただ黙って、おごってもらったジュースを飲むのでした。

 

それから数日後。

図書館で本を読んでいた直人。

「今日、コイツとお前の家行ってもいい?」

「親、いないんだろ?」

エンコーする場所を提供してくれと言ってくるのです。

 

「うん・・・」

そう返事をしたあと、読んでいた本をカバンに詰め、3人で家へと向かうのでした。

 

部屋に入り、

「ジュースとか冷蔵庫にあるから」

「1時間くらいで戻るね」

これからセ〇クスする2人に気を利かせて、部屋を出て行こうとする直人。

 

なのに、

「ここにいろよ」

「あたし、見られてる方が興奮するんだよね」

そう言われて仕方なく、直人は出来るだけセ〇クスを見ないように本を読むことにしたのでした。

 

セ〇クスが始まっても後ろを振り向くことなく、集中して本を読み続ける直人。

おっぱいを出し、アソコを広げられて

「すんごい濡れてるじゃん」

という会話が聞こえてきても、まったく見ることはしないのです。

 

フ〇ラをさせ、イキそうになった瞬間、鼻の穴にチ〇ポを押し付ける男。

「ちょっと何すんの?クサっ!」

そのまま鼻の穴に発射していくのです。

 

「なにすんだよ!」

「このチンカス野郎!」

お金さえもらえれば、何をしても構わない。

と言っていたけど、さすがに怒った女の子。

でも、

「お前んち貧乏なんだろ?」

「だから何でもするんだろ?」

男はお尻の穴に無理やり挿入して、痛いのを我慢してる女の子を無視して発射するのだった。

「名前も知らないあの子と」
第1話

\無料立ち読みはこちら/

→FANZA版はこちら

→まんが王国はこちら

「名前も知らないあの子と」
と検索して下さい

2話

これは今から数か月前のこと。

いつものように図書室で本を読んでいた直人。

その時、

「ねぇ、君1年生?」

「これからここでセ〇クスするんだけど、見張っててくれないかな?」

そう頼まれたのが、エンコーの見張りをする最初のきっかけ。

 

それから断ることもしないで、直人はエンコーの見張りをさせられていたのでした。

ある日。

直人が学校から帰ってくると、チャイムの音。

インターホンを見てみるとそこには、

エンコーしてる名前も知らないあの先輩が1人で立っていたのです。

 

部屋に案内すると

「あたしが病気持ってるって噂になっちゃってて」

「お客さんいなくて暇なんだよね」

直人のベッドに座りながら、教えてくれたのでした。

 

女の子に対する免疫が無い直人はいつも通り机に向かって読書。

「ねぇ、本ばっかり見てないで」

「こっち来て話そうよ」

そう言われてベッドの横に座るのでした。

 

下を向いて無言のままの直人に向かって

「自分の部屋なのに緊張してるの?」

と言ってきた女の子。そう言ったあと、

「ね、エッチしよっか?」

目の前まで顔を近づけてきたのです。

それでも無言のままの直人に

「セ〇クスしようよ!」

そう言って押し倒し、

「ゴミ箱にシコったあとのティッシュあったの知ってるんだから」

「いつもならお金をもらうんだけど、特別にタダでいいよ」

制服を脱いでいくのでした。

 

「あの・・・ぼく・・・」

「したことないから・・・」

 

恥ずかしそうに自信なさげで告白する直人。

女の子はクスっと笑ったあと

「わかってるよ」

「お姉さんがリードしてあげる」

直人のパンツを脱がして、舌先を使ってチ〇ポを舐めてくれるのでした。

 

すでに大きくなっていたチ〇ポを見て、

「今までずっと我慢してたんでしょ?」

「興味ない感じだったんだけど、アタシでオナってたんでしょ?」

一気に根本まで咥え込み、高速フ〇ラをしていくのでした。

 

「うわぁぁぁ」

あまりにも気持ち良すぎて声を出してしまっ直後にチ〇ポはさらに大きくなっていき、あっという間に発射してしまったのです。

 

そのままパンツを脱ぎ、

「もっと近くで見ていいよ」

自分でマ〇コを開いて見せてあげる女の子。

初めて見るオマ〇コから、直人は目が離せないのでした。

 

さっき出したばかりだけど、フル勃起まで回復していたチ〇ポ。

「それじゃ入れるね」

チ〇ポを握ったまま上に乗って、そのまま挿入していくのでした。

 

「童貞卒業おめでとう」

上に乗ったまま、腰を振っていく女の子。

はじめてのセ〇クスがあまりにも気持ち良すぎて、そのまま中に出してしまうのでした。

 

セ〇クスが終わって

「そろそろ帰るね」

下着を身につけ制服を着ていく女の子。

 

「ちょっと待って!」

直人は机から貯金通帳を取り出し、女の子に手渡すのです。

「なにこれ!普通の人が持ってる金額じゃないよ!」

残高を見て驚いていると

「それ、あげるから」

「もうあんなことやめたら?」

女の子がエンコーを止めることと引き換えに貯金をすべてあげるというのです。

 

「馬鹿にしないでよ!」

通帳を投げつけキレた女の子。

 

「アタシが性病だって噂を流したのお前だろ?」

「そうすれば私がカラダを売らないで済むと同情した?」

 

ちがっ・・・

 

直人の声は届かないまま、女の子は怒って家を出て行くのでした・・・

「名前も知らないあの子と」
第2話
\無料立ち読みはこちら/

→FANZA版はこちら

→まんが王国版はこちら

「名前も知らないあの子と」
と検索して下さい

3話

「ねぇ、知ってる?この学校の3年生でエンコーしてた子がいるんだって」

「それがバレて学校やめるらしいよ」

学校中の噂になりそれが大きな問題になってしまって、退学することになった原口ともよ。

 

どうしても最後にひと言だけでもいいから、しゃべりたかった直人は、猛ダッシュで職員室へ走るのでした。

「あ、あの!」

学校から去ろうとする女の子に話しかけた直人。

 

無視されるのかと思いきや、

「一緒に帰る?」

返事をしてくれたのです。

 

一緒に帰ってる途中にある川の土手で座った2人。

「退学届けを出したらスッキリした!」

という女の子と

「ごめん、僕があんな噂流したからだ・・・」

退学することになってしまったことに責任を感じる直人。

 

「ちがうよ、匿名で投書があったんだってさ」

「気にすんなよ」

落ち込む直人に優しい言葉をかけてくれるのです。

 

その時、

「聞いたぜ?お前学校辞めたんだって?」

「お前みたいな女はオヤジを相手にセ〇クスしてるのがお似合いなんだよ!」

「そのクソ生意気な顔を見なくて済むなんて最高だ!」

この前、直人の部屋でセ〇クスしていた男が話しかけてきたのでした。

 

今になっても「お前はセ〇クスが下手だ」と馬鹿にされたことを根に持っていた男は

「俺がもう1回買ってやろうか?」

「土下座して謝るのが条件だけどな」

女の子を見下した言葉を投げかけてくるのです。

 

腹が立っても、何も言わない女の子。

そして、男の言葉を聞いていた直人は

(この男がエンコーしてるって投書したのはこの男か?)

(こんな最低なことを言うなんて許せない)

道端に落ちていた石を手に取り、
そのまま顔を思い切り殴るのです。

 

「逃げるよ!早く!」

猛ダッシュで立ち去る2人。

曇っていた空は急に大雨になり、2人は全身びしょ濡れになってしまうのでした。

 

「今、お金持ってる?」

「うん・・・」

フロントが無人のラブホテルに入っていく2人。

そして、この前よりも濃厚なセ〇クスを繰り返していくのです。

 

「私ね。本当はセ〇クスきらいなんだ」

好きでエンコーなんてしていない。と告白する女の子。

 

「僕がもう少し大きくなるまで待ってくれないかな」

「絶対に幸せにするから」

直人は真剣な目をして、女の子にプロポーズするのだった。

名前も知らないあの子と
3話
\無料立ち読みはこちら/

→DLsiteはこちら

→まんが王国はこちら

(「名前も知らないあの子と」と検索して下さい)

4話

「先生!高橋さんが眠ってまーす!」

授業中なのに、思いっきり眠ってる高橋さん。

この学校に転校して来る前は、私立の有名進学校に通っていた優等生なのでした。

でも、

この学校に来てからはおっちょこちょいのポンコツ生徒。

以前の学校で事件に巻き込まれ、昔の姿は完全に消えてしまったていたのです。

 

ある日のこと。

「ねぇ、高橋さん」

「ちょっと広げて見せてよ」

同じクラスの男子数人に言われていた高橋さん。

椅子に座りパンツを脱いで、マ〇コを見せていたのです。

 

ごくっ・・・

 

初めて見るナママ〇コに興奮する男子。

「もうちょっと奥まで見せてくれる?」

そう言われると、両手でくぱぁをして見せてあげるのでした。

 

「こ、今度はおっぱいを見せてよ!」

興奮しながらお願いする男子。

「いいよ」

高橋さんは制服をめくりあげ、大きなおっぱいを見せてあげるのです。

 

「おれ、もう、我慢できないっ・・・」

なんでも言うことを聞いてくれる高橋さんとセ〇クスしたくなった1人の男子。

高橋さんを立たせて、バックで挿入していくのです。

あまりの気持ち良さにそのまま中出し。

 

「次は俺の番だ!」

2人目の男子がパンツを脱ごうとした時、

「おい!何やってんだ!」

教師が教室に入って来てしまったのです。

 

急いで逃げていく男子生徒と、ゆっくりブラジャーを着ける高橋さん。

 

「ちょっと指導室まで来い!」

事情を聞くために高橋さんを生徒指導室に呼んだのでした。

 

「は?昼ご飯を分けてくれる代わりにセ〇クスさせてあげたって?」

 

高橋さんの言葉に耳を疑ってしまった教師。

さらに、

「せんせい・・・」

「椅子を汚しちゃいました・・・」

そう言って座っていた椅子を見せる高橋さん。

パンツを履いていなかったせいで、マン汁で椅子がびしょ濡れになってしまったのです。

 

(なんなんだよコイツは・・・)

高橋さんと同じく、この教師も最近この学校に赴任したばかり。

以前の学校で問題を起こしていたのです。

(もう面倒なことはごめんだ・・・)

と思ってるのに、高橋さんは教師のチ〇ポを舐めてきたのです。

 

(コイツ狂ってるのか?)

そう思っていても、フ〇ラを止める気配がない高橋さん。

「せんせいが苦しそうだったから・・・」

「出しちゃってもいいですよ」

勢いよく発射された精子をぜんぶ飲み干してくれるのです。

 

(俺はクソみたいな教師だ)

(もうどうなったっていいっ・・・)

高橋さんと同じく、何かがプツンと壊れてしまった教師。

 

まだ生徒が残ってるかもしれない校舎を、全裸のまま歩いていくのだった・・・

名前も知らないあの子と
4話
\無料立ち読みはこちら/

→DLsiteはこちら

→まんが王国はこちら

(「名前も知らないあの子と」と検索して下さい)

「名前も知らないあの子と」を読んだ感想

「名前も知らないあの子と」1話~3話は

同級生を相手に援助交際してる女子に

「誰も来ないように見張ってて」

頼まれて断れず、見張りをしてる男の子のストーリー。

 

家が貧乏で仕方なく、エンコーしてた「原口ともよ」。

3年生で学校を退学させられることになって、まわりから見れば『不幸な人生』ですが、本人からすればハッピーエンドの結末。

「生活費も学費も親には頼れない」
「だからイヤでも中出しまでさせた」

ということを考えながら読むと、セックスシーンも興奮度が上がりました。

セックスシーンは、外・図書室・見張り役の男の子の部屋・ラブホと描かれていて、

「特にエロかったなー」と思ったのは、

・見張り役の男の子の部屋でのセックスで鼻の穴に発射、ア○ルセックス

・見張り役の男の子との童貞卒業のセックス

です。
(1話の最初でいきなり始まった橋の下でのアオカンもインパクト大でした)

 

童貞を卒業させてあげるシーンでは

(こ、これがオマ〇コなんだ・・・)

目の前で生マ〇コを見る姿はリアルだったし、

(好きな女の子が俺のチ〇ポを舐めている・・・)

という感情も非常に興奮度が高いシーンで良かったです。

 

名前も知らない女の子が

(童貞だから刺激強すぎたかな?)

と思いながら本気のフ〇ラをする姿も非常に良かったです。

 

4話の「スクラップドガールアンドティーチャー」は、

元々は優等生だったけど、事故で少しおかしくなってしまった美少女のストーリー。

「お弁当を分けてもらった」だけで、

・男子生徒におっぱいを見せてあげたり

・オマ〇コを見せてあげたり

・中出しセックスまで・・・

というのが前編で描かれています。

中盤から後編では、

・生徒指導室でのパイズリ・フ〇ラ
・生徒が残ってる学校なのに露出
・教室でセックス

が濃厚に描かれていました。

登場人物が「過去に何かあった」ということが共通。

この日セックスしてしまったことがきっかけで、さらに壊れていきます。

 

作者「荒井啓」さんの画力が高いのでセックスシーンは超エロい仕上がり。

ただ、ストーリーは読めば読むほど狂気を感じたので、オカズになるかは読んだ人それぞれだと思います。

 名前も知らないあの子と

→DLsiteはこちら

→FANZA版はこちら

→まんが王国はこちら

「名前も知らないあの子と」
と検索して下さい

FANZA版、DLsite版、まんが王国版の違い

「名前も知らないあの子と」は3種類販売されています。

■販売サイト

・まんが王国
・FANZA
・DLsite

・まんが王国版→名前も知らないあの子と

・FANZA版→僕は彼女の名前も知らない

・DLsite版→群青群像

というタイトル名で配信されています。

価格・配信話数・特徴などをまとめました。

サービス名配信話数価格
まんが王国5話まで
(未完結)
9話まで配信予定
各330円
FANZA
(R18)
2話まで
(まんが王国版の1話~3話が収録)
(完結)
各220円
DLsite
(R18)
1巻
(9話まで収録)
(完結)
1500円

DLsite版の「群青群像」は9話で構成されていて、

・僕は彼女の名前も知らない(前編・後編)

・スクラップガールアンドティーチャー

・あひるとあかね

・お隣さんは恋わずらい

・奥様はセックスフレンド

・砲丸彼女(前編・中編・後編)

合計6種類9話のエロ漫画が収録されています。

まんが王国は現在5話まで配信されていて、DLsite版の「スクラップガールアンドティーチャー」まで配信中です。(今後は9話まで配信予定)

FANZA版は「名前も知らないあの子と(前編・後編)」(単話)となっています。

「名前も知らないあの子とを単品で購入する」なら、
まんが王国版・FANZA版がオトク。

「荒井啓作品をまとめて読む!」
という場合は、DLsite版がオトクです。

お好きな方を選んでお楽しみください。
(ストーリー・設定はどれも同じです。モザイク処理だけR18の違いがあります)

(ちなみに、FANZA版の「僕は彼女の名前も知らない(前編・後編)」は、まんが王国版では3話分として販売されています)

■DLsite版の目次

名前も知らないあの子とーDLsite1(「名前も知らないあの子と」は最終的にこのような形で完結すると思います)

 

→DLsiteはこちら

→FANZA版はこちら

→まんが王国はこちら

「名前も知らないあの子と」
と検索して下さい

名前も知らないあの子は漫画バンクで無料DLできる?

「名前も知らないあの子」は漫画バンクで読めるかな?

と思って検索してみました。

結論としては、

過去には配信されていましたが、著作権侵害で削除されたようです。

「名前も知らないあの子」漫画バンクで検索した時の著作権侵害の画面

 

漫画バンクなどのサイトと同じく、同時に無料でDLできたアップロードサイトも記事を消されてしまったようです。

これからまたアップロードされるかもしれませんが、2021年9月20日現在は「名前も知らないあの子は公式サイトのみで読める」という状態でした。

(海賊版・rawもありませんでした)

 

最後まで「名前も知らないあの子と」のネタバレにお付き合いいただき、ありがとうございました。

新巻が配信されるたびにネタバレを更新していきますので、また遊びに来てくれると嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ

-荒井啓
-, ,