FANZA50%OFF

【50%OFF開催中】
(エロ動画・同人・コミックが対象)

↓エロ同人はこちら↓

↓エロ動画一覧はこちら↓

ヨールキ・パールキ 同人・エロ漫画

L教会と異端者一家【ネタバレ・画像】悪魔の復活に身も心も捧げる親子の狂気

L教会と異端者一家」を画像を使ってネタバレしています。

L教会と異端者一家-ネタバレ-TOP画像

 

「うちの家族はおかしい・・・」

信者の穢れを祓うために
「自分の妻の穴」
を差し出す神父の父と、

夫が見てる前でお尻の穴を使わせて、
信者をイカせる母親。

 

息子は母が信者と性交してる声を聞きながら
少し離れた場所で自慰行為・・・

 

さらに、
弟が自慰行為してる姿を見つけては、

小屋に連れて行って
手コキ、フェラをする姉。

 

全員が全員とも
異常な性癖に異常な行動をする家族。

 

特に長男のアレクセイは幼い頃の記憶がまったく無く、
両手は義手で、両足も義足だったのでした。

 

そんな家族は”過去の父親の人生”に原点があるのです。

 

父親は若い頃、「自分は悪魔」ということを隠して教会に潜入。

 

教会に懺悔に来ていた母親はレ〇プされ、
悪魔の子を宿してしまったのです。

 

悪魔から生まれた子供も悪魔だ

生まれてきた存在そのものを恐れられ、
儀式によって粛清されてしまったアレクセイ。

そのまま一家は、
L教会を追放されたのでした。

 

悪魔の子を復活させる儀式の中で
アレクセイが思い出したのは、

「ぼくは悪魔の子だった・・・」

という残酷な記憶。

 

教会を追放された異端者の一族は
人形と家族の精液を使って、
悪魔の子の復活を試みていたのだった・・・

 

「L教会と異端者一家」を最後まで読んだ感想をひと言でまとめると、

中世の外国での本当にありそうな恐ろしいストーリー。

母親と姉のキレイな顔、カラダ、性行為中の表情。

そして、父が悪魔の子復活にかける思いが、物語を最大に面白くしていた!

アレクセイが育った家の庭の隅っこに捨てられていた無数の人形の残骸を見ると、
吐き気に襲われてしまうかもしれません・・・

 

「L教会と異端者一家」のネタバレを見る前に、高画質サンプルをチェックする方はこちらからどうぞ。

L教会と異端者一家

→無料試し読みと本編はこちら


(今回の漫画もハイクオリティな描写の連続です)

L教会と異端者一家 画像ネタバレ

L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像1

北の僻地にあるログノフ教会(通称:L教会)にやって来た信者。

司祭を相手に「女を犯してしまった」ことを懺悔していると、

「この宗派は肉欲を罪としていない」

「肉欲を吐き出した方がいい」

と言われるのだった。

L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像2

「私たちがお手伝いしましょう」

司祭の声で部屋にやって来たのは、
物欲しそうな顔をしてマン汁を垂らしてるシスター。

このシスターは教会のために
信者に穴を提供しているのだった。

L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像3

「うわぁシスターのケツ穴すげぇ」

入れた瞬間から締め付けてくるシスターのお尻の穴。

ピストンされるたびに
大量の汁が溢れ出してくるのです。

「き、きもちいいっ・・・」

司祭が目の前にいるにも関わらず、アへ顔を晒してしまうのでした。

L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像4

1度も会ったこともない信者のチ〇ポを激しく出し入れされ、教会だというのに大きなアエギ声を出してイってしまうシスター。

同時に男のチ〇ポからも
精子が勢いよく発射されるのでした。

L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像5

アナルだけではなくて
シスターのマ〇コに入れたくなった信者の男。

「使っていいのは後ろの穴だけです」

「そのシスターは私の妻ですので」

信者を救うためにカラダを差し出していたのは、
司祭の妻だったのだった・・・

L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像6

神父である父親が信者の懺悔を聞き、
母親がカラダを使わせ罪を許していた様子を
少し離れた廊下から聞いていた息子のアレクセイ。

 

「罪深いこと・・・」

とは頭では理解していても、

母親のアエギ声を聞きながら
淫らな姿を妄想して、
オ〇ニーしてしまうのです。

L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像7

「見つけた」

弟がオ〇ニーしてるのを見つけた姉のキルーシャ。

弟の口を押さえて騒がないようにすると、
その場で手コキをして射精させるのだった。

そのまま弟を庭の小屋へ連れて行き、
ふたたび手コキをしていくのでした。

L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像8

小屋の床に寝かされて
手コキをされるアレクセイ。

「お姉ちゃん」

「やっぱり兄妹でこんなコトするのはおかしいよ・・・」

罪悪感に襲われて抵抗するも、

「こんなに勃起してるんだから」
「しっかり出さなきゃダメよ?」

姉は弟のチ〇ポに顔を近づけて
ピアスが付いてる舌を使って、舐めていくのです。

L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像9

舌に開いてるピアスの穴、
そしてと柔らかい舌を使って
アレクセイの亀頭を丁寧に舐めていく姉。

「そ、それはだめぇっ・・・」

あまりの気持ち良さに
さっき射精したばかりなのに、
すぐにイカされてしてしまうのでした。

L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像10

 

「もっとシてほしい・・・」

手コキとフ〇ラで射精したのに
まだ物足りないアレクセイ。

でも、

「ごめんね。時間切れ」

「お父さんと勉強するの」

姉はマ〇コに挿入したかった弟を残して、
小屋から出ていってしまうのでした。

 

勉強をするために、
父親が待つ部屋へ行った姉キルーシャ。

 

でも、
勉強することはなく、

父親のチ〇ポをパイズリしたあと
精子を顔にかけられてしまうのです。

 

チ〇ポを目の前で見て興奮を抑えられず
自分の指でマ〇コを触っていたキルーシャは、

「お父様のおちんぽ挿れてください…」

パンツを脱いで
チ〇ポを挿れてもらうのでした。

 

L教会と異端者一家

無料試し読みと本編はこちら

 

夜になり、

「あなた・・・」

「ココ見て・・・」

夫婦の寝室で自分の指でマ〇コを開き、
夫に見せる妻。

夕食に食べた媚薬入りのスープのせいで
お尻が濡れるほど、マン汁があふれているのでした。

 

卑猥すぎる妻のカラダを見て
チ〇ポを入れていく夫。

中出しをしたあと、

「子供たちの様子を見てくる」

と言い残し、

媚薬が効いてる子供たちは
何をしているのか?

姉のキルーシャの部屋へ向かうのでした。

 

 

いつもは手コキとフ〇ラまでしか
弟にしてこなかった姉。

この夜は媚薬が効いているせいで、
ベッドの中で密着して
勃起チ〇ポをクリに擦りつけていたのです。

 

部屋に入って来た父親は2人を見て

「どうした?」
「挿れないのかい?」

セックスをするように促していくのです。

 

理性がまだ少し残っていたおかげで
姉弟同士の性交には抵抗があった姉。

 

なのに、
父親は強引に娘のお尻をつかんで、
アレクセイの勃起チ〇ポの上に
マ〇コを押し込んでいくのです。

 

「んぁぁぁぁぁぁっ」

入った瞬間から気持ち良い
初めてのチ〇ポの感触。

お尻をつかまれて上下に動かされても、
抵抗する力が入らないのです。

 

「弟を犯しちゃってる・・・」

「弟チ〇ポきもちいいっ・・・」

 

ダメという気持ちは姉の頭から消えていき、

自分から腰を動かして
中出しされてしまうのでした。

兄妹でセックスをしてしまってから数日後。

 

「ねぇ、お姉ちゃん」

「どうして僕の手足が無いか知ってる?」

 

自分の手足が義手、義足だという理由を知りたいアレクセイ。

 

「きっとツライ事があったのよ…」

何も教えてくれなかった父親と母親と同じで、
姉も真実を教えてくれないのでした。

 

父親によって定期的にメンテナンスされていたアレクセイの義手と義足。

(起きていれば何かわかるかも)

と思っていても、

「痛みを緩和する」

という理由で眠らされてしまい、
記憶は何も残っていないのでした。

 

それから数日後。

この日はアレクセイの義手、義足をメンテナンスする日。

いつものように眠らされるも、
途中で目が覚めてしまったのです。

 

「え?お母さま?」

目の前にはハダカになってる母親の姿。

 

異変に気付いて自分のカラダを見てみると、

母親のマ〇コに挿入してることに気付くのでした・・・

L教会と異端者一家-ネタバレ-TOP画像

 

アレクセイが自分の過去を調べようと
古い書物を読んでいた時。

 

”悪魔の精液を注ぎこまれた女性の身体には、どこかにが現れる”

というメッセージを見つけたアレクセイ。

 

ある時、

母親のマ〇コ、姉の首のうしろ。

そして、

自分の義手にも同じ印を見つけてしまったのでした。

 

(もしかしてお父様は悪魔・・・)

 

真実を知りたいけど
知るのが怖くて震えていると
父親が部屋にやって来て、

 

「母や姉から搾取した精力が」

「復活するに値する量に達したんだ」

 

その言葉を聞いて

疑問に思っていたことは真実なんだ・・・

と確信したアレクセイ。

 

父も母も。そして姉も悪魔なんだ・・・

 

ショックで愕然としていた時。

父親はアレクセイの頭を強くにぎって

失った記憶すべてを復活させていくのです。

 

ぐるぐる頭の中でよみがえるのは
アレクセイが生まれる前からの記憶・・・

 

・父親が悪魔という身分を隠し教会に潜入したこと

 

・教会で懺悔をしていた母親をレ〇プして妊娠させ、悪魔の子(アレクセイ)を産ませたこと

 

・大勢のシスターを犯し、正気を奪ったこと

 

・アレクセイの悪事に気付いた司祭たちが、アレクセイを祓って亡き者にしたこと

 

・悪魔の子を産ませた父親と母親は「異端児」と見なされて教会を追放されたこと

 

自分の生まれた一家の数奇な運命に、絶望してしまうのです。

 

アレクセイに戻った記憶はそれだけではなく、

悪魔の子孫を残したくて母親を妊娠させるも、
生まれてきたのは姉のキルーシャ。

 

女性では悪魔の布教をすることは不可能。

もう1人産ませようとするも、
3人目を妊娠することは肉体的にダメージが大きすぎて無理・・・

 

最後の手段として考えたのは、

人形に魂を戻す方法

だったということ・・・

 

最初の実験から数年が経ち、

「父さん、ただいま」

すべての記憶を取り戻し、
”あと少し”で悪魔として復活できるアレクセイ。

 

父親の叶えたかった
本当の目的を果たすために、

異端者一家は追放された
L教会へと向かうのだった・・・

 

L教会と異端者一家

→無料試し読みと本編はこちら

L教会と異端者一家 感想

「L教会と異端者一家」を読む前は、

教会に生まれた親子同士で
セックスするだけの内容かな?

と思っていましたが、

予想を遥かに超えた
圧倒的に面白いストーリー

さすがヨールキ・パールキ!

と感動してしまいました。
(最初は990円出すの迷ったんですよねw)

 

司祭になって教会に潜り込んだ父親。

告解にきただけなのに、
学生の母親は犯されて妊娠。

生まれてきたのは父の血を受け継いだ悪魔の子。

 

制約が多くて、交流も文化も思想も密閉された教会のシスターを
悪魔の子が洗脳するのは容易なこと。

でも
そのことがきっかけで神父たちにバレてしまい、父親の目的は途中で頓挫・・・

神父たちに
「このままでは危険」
と判断されたアレクセイは、悪魔祓いされて亡き者に。

一家は教会を追放されても
再興を目指して母と娘のカラダを使ってもう一度アレクセイの再生を目指していきます。

 

「L教会と異端者一家」の最初では

妻のお尻の穴を信者に提供していたので

信者を悪魔化していくのは母親のア●ルに大きな力があるのかな?

もしくは、

ア●ルで骨抜きにされた男性信者をクスリか何かで洗脳していくのかな?

なんて思っていましたが、
予想以上に作り込まれたストーリーは、正直驚きの連続でした。


アレクセイの四肢が人工物なので
苦手な人は注意が必要かもしれません。
(外してる描写は無いので大丈夫だと思います)

 

個人的にヨールキ・パールキ同人作品は

「事故物件×留学生~四畳半の不可思議」からファンになって読んでるので、今回の「L教会と異端者一家」も非常に満足した漫画でした。

(以前は日本人が主人公の漫画しか読まなかったのが不思議なくらいです)

 

マイナスな点をあえて言うならば、

「セリフと効果音が多くて、結合部が少し見づらい絵が何枚かあったかな?」

というところが気になりました。

それ以上に、
今まで読んだことが1回も無い面白い設定に大満足でした!
ヾ(*´∀`*)ノ

 

L教会と異端者一家

→無料試し読みと本編はこちら

(綺麗な女性のリアルな身体と性テクニックは圧巻でした)
(弟のイキそうな時の表情も最高です☆)

50%OFFセール開催中!(対象:エロ動画・エロ同人・エロコミック)

FANZA50%OFF

FANZAでは期間限定で50%OFFキャンペーンを開催中!
対象は
・同人:3万5千以上
・エロコミック:5千以上
・動画:1千以上
となっています。

普段なら「ちょっと高いな・・・」と思う作品もお手軽な料金でお試しできるので、この機会に是非どうぞ。

エロ動画
↓会場はこちら↓

エロ同人
↓会場はこちら↓

-ヨールキ・パールキ, 同人・エロ漫画
-,