桃季さえ

桃季さえ「子持ちホストの危険な隣人」2巻ネタバレ│恋のライバル出現

桃季さえ「子持ちホストの危険な隣人2巻ネタバレと感想を紹介。

 

子持ちホストの危険な隣人」2巻は前回のつづき。

最近、「桐生に朝食を届ける」ということが日課になった聖也と天稀。

玄関を出た瞬間から

「ぱぱ、はやくはやくー」

桐生に会いたくてたまらない天稀は聖也を急がせるのでした。

 

「ここからは静かにね」

聖也にそう言われてちっちゃな人差し指で唇をさわる天稀。

静かに桐生の部屋に入っていくも、ソファで寝てた桐生を見つけて思いっきりダイブしたのでした。

 

「う”ぉっ」

まだ軽いとはいえ、お腹に乗られて、桐生はヘンな声を出して目覚めたのでした。

 

というシーンからはじまっていきます。

前回のネタバレはこちら

→子持ちホストの危険な隣人1巻

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像1

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像2

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像3

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像4 子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像5 子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像6

子持ちホストの危険な隣人~ネタバレ2巻

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像7

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像8 子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像9

天稀の保育園に一緒に送りに行く桐生。

「これも取材のため?」

と聞くと、

「天ちゃんの保護者に登録してもらおうと思ってさ」

聖也の負担を少しでも減らしたい。

という桐生の優しさからの行動だったのでした。

 

保育園で「伯父さん」ということにして保護者登録をしたあと、2人は家までランニングで帰ることに。

普段から走ってる聖也は平気だけど、

はぁはぁはぁ

桐生は限界寸前。

 

(一流ホストだから高級車くらい持ってるのが普通だろ)

爽思った桐生が

「ところで車は持ってないの?」

聖也に聞いてみると、

「天と暮らすって決めた時、車は手放した」

と返事をしたのでした。

 

(暮らすって決めた?)

(自分の子なら産まれた時からずっと一緒だろ?)

聖也の言葉がひっかかるのでした。

 

「オレの両親は交通事故で死んだ」

「そして、姉も病死した」

 

「身内と呼べるのは誰もいない」

「でも、天がいれば寂しくない」

「天を守れるのはオレだけだから」

 

聖也の強い覚悟を聞いた桐生。

 

「今はオレもいるだろ」

2人はキスをしてお互いの部屋へと入っていくのでした。

 

未希央に会い、

「どっちの部屋でエッチしてるの?」

と聞かれた聖也。

 

「え?まだしてないけど」

極端に性欲が無いせいでセックスはしなかった聖也。

でも、

(桐生さんはしたいのかな)

そんなことを仕事中もずっと考えてしまうのでした。

 

次の日、

桐生の新刊販売記念イベント。

トークショーとサイン会がデパートで開催されていたのです。

 

テレビに出るほど人気がある桐生。

サイン会は若い女性ばかりの行列ができていたのでした。

 

「ねぇねぇ」
「あっち見てみて」

「誰?芸能人?」
「かっこいい」

最初は桐生を見ていた女性たち。

でも、”ある一人の男”が列に並んでからは、その男に注目が集まったのでした。

身長が高く、黒ぶちメガネをしてるイケメン。

手には大きなバラの花束を持っていたのです。

 

「次の方どうぞ」

次のサインを書いてもらえるのは注目を集めていた男の順番。

男の顔を見た瞬間、驚いてしまう桐生。

「サプライズ成功?」

花束を持って並んでいたのは聖也だったのでした。

 

「キャー!」

「私たち何を見せられてるんだろう!」

「尊いー!」

 

桐生と聖也が握手してる姿を見て目がハートになる女性たち。

でも、

桐生と聖也が仲良さそうにしてる姿を、舞台裏から不満そうに見てる男がいたのでした。

 

ここまでが「子持ちホストの危険な隣人」第2巻の1話です。

2巻は1話から6話まで収録されています。

このあとの展開をざっくりと紹介していきます。

 

「ねぇちょっと」
「どこかの事務所の人?」

聖也に話しかけてきたのは舞台裏から2人を見ていた男。

しかも、今テレビで大人気の俳優「高邑羽琉斗」だったのでした。

 

「威吹と、あ、桐生先生と親しそうだったから」

聖也と桐生がどんな関係なのか?
芸能人だったら排除しよう。

そんな意図があって近づいてきたのでした。

 

サイン会もトークショーも終わった桐生。

早く聖也に会いたくて急いでると

「もう1軒いかないか?」

高邑が誘ってきたのです。

 

「今日は一緒に過ごしたい人がいるから」

そう言って断って、仕事終わりの聖也と合流。

でも、
高邑は桐生のあとを追いかけていて、

(昼間のあの男が恋人なのか)

聖也との関係に気付いてしまうのでした。

 

(俺がホストに負けたのか・・・)

人気俳優であり、先に桐生に目をつけていたと思ってる高邑。

聖也が勤めるホストクラブにお客として訪れたのでした。

 

「俺、威吹のことが好きなんだ」

自分の気持ちを聖也に伝えてくる高邑。

そして

「どうしても威吹が欲しいんだ」
「奪える自信はある」

「たとえ、ナンバー1ホストが相手だったとしてもね」

聖也に宣戦布告してきたのでした。

 

桐生を奪われない自信はあったけど、高邑は聖也の持っていないものをたくさんもってる。

と気付かされた聖也。

家に帰るとほんの少しの不安から桐生に抱きついてしまうのです。

 

そして翌朝。

徹夜明けで聖也の部屋にやって来た桐生。

仕事終わりに高邑と飲みに行く。

と聞かされ、不安は大きくなってしまうのでした。

 

仕事に行っても凡ミスがつづいてしまい

「今日は帰ります」

そのまま桐生を迎えに行くのでした。

 

なのに、

「アヴァロンの聖也さんですよね?」

知らない男3人組に声をかえられたあと、スタンガンで失神させられ拉致されてしまうのでした。

 

一方で、”聖也が拉致されてクスリを打たれそうになってる”なんて知らない桐生。

高邑から告白されてる時に保育園から電話があり、天稀のお迎えに聖也が来ていないという事を聞かされるのです。

 

聖也に電話をしてもつながらず、高邑を問い詰めていく桐生。

そこに

「これから望みを叶えてやるよー」

高邑のスマホに気を失ってる聖也の写真が送信されてきたのでした。

 

2巻を読んだ感想とまとめ

聖也の負担を少しでも減らそうとして、保育園で保護者登録をしたり、

サイン会でサプライズをしたり、

人気俳優の恋のライバルができたり、

そして、

濃厚で激しいエッチをしたり♡

と、内容盛りだくさんの「子持ちホストの危険な隣人」第2巻でした。

 

1巻では「桐生→聖也」という恋心のベクトルが大きかったですが、2巻では「聖也→桐生」の方が愛してるという感情、大切な人という感情の変化が見られました。

 

ナンバーワンホストだけに、細かいところまで気が利くし、だけど嫉妬したり、不安になったりと、恋する男性の魅力がとっても強く感じられた内容でした。

 

「天稀」については、桐生はまだ本当のことを知りません。

あんなに仲良しなので、早く知って欲しいなーって心から思います。

 

子持ちホストの危険な隣人
2巻無料立ち読みはこちら

→まんが王国はこちら

子持ちホストの危険な隣人-2巻表紙

→DLsiteはこちら

 

次回のネタバレはこちら

→子持ちホストの危険な隣人~3巻ネタバレ

 

最後まで「子持ちホストの危険な隣人」2巻ネタバレの紹介にお付き合いいただき、ありがとうございました。

-桃季さえ
-