BL漫画 桃季さえ

「子持ちホストの危険な隣人」最新まで全巻ネタバレ・無料まとめ

桃季さえが描く「子持ちホストの危険な隣人」BL漫画のネタバレと感想、見どころを画像を使って紹介。

子持ちホストの危険な隣人-桃季さえ-BL漫画

「子持ちホストの危険な隣人」は、

ナンバーワンホストの「聖也」が主人公。

強盗に襲われてお店のNo.3ホストが入院。

ホストクラブの代表から

「犯人は黒いパーカーを着てる男だから気をつけろ」

と聞かされていたその日の夜、

仕事を終えてエレベーターに乗ると
黒いパーカーの男が一緒に乗り込んできた!

というシーンから始まっていきます。

 

エレベーターが聖也の住むフロアに到着したとき、いきなり背中にカラダを押し付けてきた黒いパーカーの男。

聖也はホストクラブの代表の言葉を思い出し、

「俺を襲うなんて運が悪かったな!」

黒いパーカーの男を殴って倒したのでした。

 

「ちがうっ」
「眠気と空腹でフラついただけだ・・・」

「俺は1701号室に住んでる桐生だ・・・」

 

そう言われて、勘違いしていたと気付いた聖也。

桐生は倒れた時にグチャグチャに潰れてしまったおにぎりを見て、

「俺の飯が・・・」

唯一の食料が見るも無残な姿になってるのを見て絶望してしまうのです。

 

「ごめん!俺が悪かった!」

自分の部屋に招待して食事を作ってあげる聖也。

 

そのことがきっかけで、聖也と桐生、そして聖也が育ててるカワイイ男の子「天稀」の生活が大きく変わっていくのでした。

 

「子持ちホストの危険な隣人」を読んだ感想をひと言でまとめると

ナンバーワンホストと、大人気イケメン小説家という豪華な登場人物が惹かれあっていく姿。

そして、どんどん可愛く成長していく「天稀くん」の言葉にキュンとしてしまう!

(スパダリ×子育てBLは最強でした♡)

子持ちホストの危険な隣人 画像ネタバレ

ではここから「子持ちホストの危険な隣人」を最新話まで画像を使ってネタバレしていきます。

(画像はDLsite版を使用しています。他のサービスで配信してる漫画版と同じ絵です)

画像を多く貼っていきますので、漫画の雰囲気をお楽しみください。

(すぐに「無料立ち読み」と「本編」を見る方は公式サイトへどうぞ)

当サイトでは

・まんが王国
・DLsite

をおすすめしています。

また、「U-NEXT」に初めて登録する方は600円分のポイントがもらえます。そのポイントを利用して「子持ちホストの危険な隣人」を安くオトクに読んじゃってください。

→U-NEXTはこちら

(31日以内に解約すれば費用は発生しません。安心してご利用してください)

→DLsiteはこちら

→まんが王国はこちら

「子持ちホスト」
と検索して下さい

「子持ちホストの危険な隣人」は各巻に1話~6話まで収録されています。
(ページ数はオマケ漫画も含めて180ページ以上と大ボリュームでした☆)

1巻ネタバレ

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像1

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像2

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像3

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像4

ホストクラブ「アヴァロン」のナンバーワン聖也。

「おつかれさん」

「掃除ありがとな」

年下ホストにも気さくに話しかける性格。

(いつもかっこいいな)

尊敬される存在だったのでした。

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像5

「なぁ聖也くん」

「今日の予定はどうなってるかな?」

「もちろん、プライベートも含めてだが」

深刻そうな顔をして聞いて来たのはこのお店の代表。

「ご存知の通り、死ぬほど忙しいです」

と答えると、

「だろうな。わかってた」

「でも、今日は最低2、3回ほど死んでほしい」

と言われてしまうのです。

 

その言葉を聞いてニッコリしたあと

「代表がそう言うなら」

返事をした聖也。

「さすがうちのナンバーワンだ!」

「何も聞かない性格大好きだぞ!」

抱きつかれてしまうのでした。

 

「実はな昨日、翔太が帰り道に強盗に遭ってね」

「ケガをして入院してるんだ」

 

かわいい後輩がケガをした。

と聞いて、さっきまでの笑顔は一瞬のうちに消えてしまうのでした。

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像6

先にお見舞いに行って翔太の様子を見てきていた代表。

翔太は頭に包帯を巻いてるけど、ケガは軽傷だと聖也に説明するのです。

その言葉を聞いて

(大丈夫っぽいな)

(明日、お見舞いに行ってみるか)

ほっとするのでした。

 

「今夜は俺が翔太の代わりを務めればいいんですね」

お店のナンバーワンとして、お店を守る決意をした聖也。

 

「ナンバースリーが欠けた上に、君にも何かあったらうちはおしまいだからね」

と言われるも、

「すべてはこのナンバーワンにお任せを」

胸に手を当て(心配はいらない)と伝えるのでした。

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像7

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像8

 

(はぁ。つかれたぁ・・・)

時刻は朝4時。

自分のお客さんと翔太のお客さんの相手をしっかり務めあげた聖也。

タクシーを降り自分のマンションに帰って来れたのでした。

(早く天使に会いたい・・・)

そう思いながらエレベーターに乗ると、

ハァハァハァハァ

呼吸を荒くした男がエレベーターに乗りこんできたのでした。

 

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像9

(びっくりしたぁ)

(こんな時間に人がいるなんて)

驚きながら「何階ですか?」と聞くも、男は無言。

(なんか言えよっ)

(めっちゃ怪しいだろうがぁ!)

と思いながら、お店の代表に言われた

翔太を襲ったのは黒いパーカーの男だ。

という言葉を思い出すのでした。

 

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像10

(いや、まさかな・・・)

(いきなり俺を襲ってくるなんてないだろ)

(早くドア開けよっ)

そう思ってると、エレベーターは聖也の部屋の階に到着。

ドアが開いて

(よかった…)

と思ってた瞬間、黒いパーカーの男は背後から身体を押し当ててきたのです。

(こいつが犯人だったのか?)

身の危険を感じた聖也。

ひじを使って男のあごを思いっきり殴ったのでした。

 

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像11

 

「うっ・・・」

嗚咽を出しながらエレベーターに倒れ込んだパーカーの男。

「俺を襲うなんて運が悪かったな」

そのまま蹴ろうとした時、

「ちがっ!」

「眠気と空腹でフラついて・・・っ」

男には襲うつもりなんて一切なく、

「倒れそうになってしまっただけ」

と説明してくるのでした。

 

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像12

「俺は1701号室に住んでる桐生だ」

 

「えぇっ!お隣さん?」

怪しい人ではない。と思うと同時に、

転んだ時に潰れてしまったおにぎりに気付いた聖也。

 

家に帰って食べようと思っていたおにぎりはボロボロ。

パッケージから米粒がハミ出してるのを見て

「俺の食料が・・・」

と言ってる時、

ぎゅうううううっ

エレベーターの中には、桐生のお腹の音が鳴り響くのでした。

 

「あー潰れちゃったね・・・」

「俺のせいで・・・」

 

自分の勘違いで隣人を押し倒してしまったこと、

そのせいで、隣人が食べようとしていたオニギリを食べれなくしてしまったこと、

申し訳なさすぎて、聖也は隣人を自分の部屋へ呼んだのでした。

 

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像13

「ごめん!」

「ほんと悪かった!」

「同僚が襲われたって聞いたばかりで」

手を合わせて謝る聖也。

 

「そうかよ」

「じゃあ忙しいんで」

 

隣人はすぐに部屋を出て行こうとするのです。

 

オニギリを潰してしまったお詫びに

「飯食ってく時間くらいあるだろ?」

と言ってみるも、

「潰れても食えるんで!」

部屋を出て行こうとするのでした。

子持ちホストの危険な隣人-1巻ネタバレ画像14

「俺の料理、上手いって言われるぜ」

よっぽどお腹が空いていたのか、その言葉に反応した隣人。

「お節介だな、あんた」

聖也に案内されるまま椅子に座らせられるのです。

 

(たしかに俺はお節介かもしれない)

(でも、あんな顔を見せられたら放っておけないよ)

聖也は隣人のための食事を作っていくのでした。

 

「お待たせ」

その言葉で目が覚めた桐生。

よっぽど疲れていたのか、聖也がご飯を作ってる間に眠ってしまっていたのです。

テーブルの上にはキレイに並んだ美味しそうな食事。

「うまっ」

桐生は聖也が作った料理を残すことなく、全部食べ切ったのでした。

 

(うれしいな・・・)

そう思いながら食器を下げようとする聖也。

 

「おい!こんなところで寝るなよ」

「部屋まで送ってくから」

よっぽど疲れてるのか、食べ終えて椅子に座ったまま眠ってしまった桐生。

「おねがい」
「10分だけ寝かせて・・・」

その言葉を聞いて

(かわいい)

と思った聖也は桐生をソファまで運ぶのでした。

 

 

「おじさん、だぁれ?」

「パパのおともだち?」

 

子供の声を聞いて飛び起きた桐生。

「ここどこ!」

見知らぬ部屋の景色に一気に目が覚めるのです。

 

「うわああああああああああ!」

いきなり絶叫した桐生。

「ひゃああああああああああ!」

そして桐生の大声にびっくりして泣き出した男の子。

 

「天!大丈夫か!」

子供の泣き声を聞いて慌ててやってきた聖也。

 

「おい!今何時だ!」

 

「しるか!」

「子供の前で大声を出すことないだろ!」

 

「それより何時なんだよ!」

 

「まずは、この子に謝るべきだろ!」

 

そう言われてやっと、

「悪かったよ」

子どもに謝罪をした桐生。

「でもな!10分って言ってたのに起こさなかったお前が悪い!」

今度は聖也に突っかかっていくのです。

 

「起こしましたよ」

「ビンタしても蹴っても起きませんでした」

「今朝、出かけたことも気付いてませんよね?」

 

そう言われて、自分のせいだ。と落ち込んでしまう桐生。

「もう絶対に間に合わねぇ」

そのまま自分の部屋へと帰っていくのでした。

 

「パパ、保育園おくれちゃう」

 

保育園に送っていったあと、美容院を経営してる未希央のところへ行った聖也。

未希央は聖也の家にいた子供を安心して預けられる心を許してる親友で、昨日も急にナンバー3のフォローをしなくてはならずに、「夜間保育所」では断られ、未希央に預かってもらっていたのです。

 

そして、聖也の家にいた子供は聖也の本当の子供ではなく、

聖也の姉の”忘れ形見”なのでした。

 

この日も、自分のお客さんとナンバー3のお客さんを相手に仕事をしてきた聖也。

(こんなに忙しいのは新人の時以来だ・・・)

疲れて帰宅してエレベーターに乗ろうとすると、スーツにサングラスという姿をしてる男と一緒になってしまったのでした。

 

横目でチラっと見て

(同業者っぽいな)

と判断する聖也。

(でも、こんなに見た目が良いヤツなら界隈で噂になりそうだけど)

(もしかして、ヤクザ?)

(昨日の隣人もそうだけど、このマンションってヤバい奴しか住んでないのか?)

 

子どものことを考えてファミリー向けマンションを選んだのに、目の前が真っ暗になってしまうのでした。

 

「あんた、すげーキレイな顔だな」

「撫でまわしたいほど好みなんだけど」

いきなり顔を近づけて言ってきたヤクザ風の男。

(酔っ払いか)

(もしかして俺を口説いてるのか?)

と思いつつも、

「ありがとう」

と答えてしまうのです。

 

「それってさわっていいってこと?」

と聞かれると、

男の目を見ながら

「ダメに決まってる」

「俺に触れていいのはこの世に1人だけだ」

子供のコトを想いながらハッキリと断るのでした。

 

「けど、そのリスト書き替えたくなるな」

聖也を壁側に追い詰めて、いきなりキスした男。

(こいつ、キス上手いっ)

と思っていた時、エレベーターは到着。

聖也は男の舌を噛み、痛がってる間に男の顔を殴ったのです。

 

勢いよく飛んで行ったサングラス。

「おまえ、隣の男!」

(こいつ、強盗じゃなくて強姦魔かよ)

いきなりキスしてきた男の正体は、隣人の桐生だったと気付いたのでした。

1巻2話ネタバレ

「隣人が強姦魔なんて最低だ・・・」

泥酔してる桐生をエレベーターに残して自宅に戻ろうとするも、

エレベーターで眠らせられない。

と思った優しい聖也。

 

「立て!酔っ払い!」

ネクタイをつかんで無理やり起こし、

「カギよこせよ」

桐生の部屋まで運んであげたのでした。

 

そのままお風呂場まで連れていき、

「うわ!何するんだよ!」

シャワーを頭から浴びせるのです。

 

少し目が覚めて聖也の顔を見た桐生。

「あれ?誰だっけ?」

自宅には誰も連れ込まないと決めてるのに、そこには知らない男。

 

「俺たちは昨日も会ってるけどね」

「お酒で身を滅ぼしたくないなら、もう飲まない方がいいよ」

そう言って聖也は立ち去っていくのでした。

 

翌朝、

「パパ―!はやくー!」

天稀を保育園へと送っていく聖也。

 

「おはようございます」

玄関の外には桐生が立っていたのです。

 

桐生の顔を見て脅えて泣き出してしまう天稀。

「この前怖がらせちゃってごめんね。許してくれる?」

と聞いても、顔をそむけて断られてしまうのです。

 

保育園に送り届けて家に帰っても、まだ玄関先で立っていた桐生。

「ごめん、少し眠らせてくれ」

ホストが超ハードモードの聖也は、桐生にかまってる時間なんて無いのでした。

 

3時間だけ眠って、天稀を保育園に迎えに行った聖也。

家に帰ってくると、そこにはまた桐生が立っていたのです。

 

「あんた、1日中俺を待ち伏せする気か?」

さすがに怒ってしまった聖也。

でも、

「てんまくん、これプレゼント」

天稀が大好きなプーちゃんの絵本を見せると、あれだけ怖がっていたのに仲良くしてくれるのです。

 

「ぱぱ!これ!みたことないやつ!」

目をキラキラさせながら聖也に報告してくれるのです。

 

「わざわざ買ってきてくれたのか?」

 

「ちがう、でもお詫びになればと思って」

 

そして、サインペンを取り出し、

絵本に「てんまくんへ」とメッセージとプーちゃんの顔を描いてくれたのです。

 

「まさか、あんた」

「その絵本の作者なのか?」

 

「実はそうなんだ」

「だからもらってくれると嬉しいんだ」

 

宝物を手に入れたみたいに絵本をギュッと抱きしめて

「ありがとうございます」

あんなに怖がっていた桐生にお礼を伝える天稀。

 

「昨日はご迷惑をおかけしてすみませんでした」

桐生はやっと聖也に気持ちを伝えることができたのでした。

 

1巻3話ネタバレ

「昨日、あんたとキスしたか確かめたい」

と言われて、

「俺のキスは商売道具だ」
「どうしてもキスしたかったら店に来ればいい」

と伝えた聖也。

 

(男1人でホストクラブになんて来れないだろう)

と思っていたのに、

「よっ!」

思い切り聖也のお店に桐生はやって来たのでした。

 

「さすが聖也さん、すごい人と知り合いなんですね」

そう言われても、桐生を絵本作家としか思っていない聖也。

「あの人、超人気小説家の桐生威吹じゃないですか」

隣人の桐生はテレビにも出演してる有名人だったのです。

 

桐生の席につき、

「本日はご指名ありがとうございます」

ホスト式の挨拶をする聖也。

 

「桐生さんにキスしたのは事実だよ」

「あれは酔った上でのことだから忘れて」

そう言って違う席へと行こうとするのです。

 

「最後に外まで送るよ」
「今日のお代もいらないから」

これ以上、桐生とは深くかかわるのを止めておこうと思ってるのに、

 

「じゃあリシャ―ル入れて」

高級なお酒を入れるという桐生。

さらに、

「シャンパンタワーも体験してみたいな」

桐生はシャンパンタワーまで注文してしまったのです。

 

結局、閉店時間になるまでホストクラブにいた桐生。

「これはアフターじゃない」

「帰り道が一緒なだけだ」

「たったひと晩、大金を使ったくらいで自分のモノになったと思うなよ」

そう言ったあと、
車の中で濃厚なキスをしたのでした。

 

1巻4話ネタバレ

「とりあえず、俺と付き合ってみないか?」

「男の俺じゃ論外か?」

桐生から言われて

(どうせすぐに嫌になるだろう)

と思って

「俺のことを変えてみてよ」

と返事をした聖也。

 

その日の仕事に行く時間になった時、

「パパと一緒にいたい!」

天稀が夜間保育所に行きたくないと、泣き出したのでした。

 

(どうすればいいんだ・・・)

天稀をぎゅっと抱きしめながら困ってしまう聖也。

「そんなとこで何してんだ?」

そこにちょうど、桐生が帰って来たのです。

 

「いぶきぃ!」

絵本をもらってすっかり仲良くなっていた天稀。

桐生に抱きかかえてもらって上機嫌になるのでした。

 

「俺が預かってやろうか?」

聖也が困ってるのを放っておけなかった桐生。

「俺たち特別な関係だろ?」

そう言われて、天稀を預かってもらうことにしたのです。

 

仕事が終わり、ケーキを買って桐生の家へ向かった聖也。

天稀を引き取って帰ろうとするも、

「ケーキだけ付き合ってよ」
「少しは恋人気分を味わいたい」

そう言われて少しだけ、桐生の家にお邪魔することにしたのでした。

 

お店に遊びにきてくれた女性客に、LINEしたり電話をかける聖也。

桐生はその姿をうっとりした顔で見つめるのです。

電話が終わったのは朝の4時。

いつもなら眠る時間だけど8時には天稀を保育園に送っていく時間。

「今日は寝れない」
「朝まで起きてる」

という聖也に、

「とっておきのがある」

そう言ってパンツの中に、桐生は手を入れていくのでした。

 

「やめろ!ばかっ!」

「さわるな!!」

 

必死になって抵抗する聖也。

「さわぐと天ちゃん起きちゃうよ」

そう言われて何も言えなくなってしまうのです。

 

「快感だけに集中して」

優しくて、しかも、きもちいいところだけを的確に刺激してくるての動き。

「あぁっ」

桐生に見られながら
イカされてしまうのでした。

 

1巻5話ネタバレ

公園で桐生と天稀と3人でピクニックをしていた聖也。

このあとは3人でショッピングモールで買いものを・・・と思っていた時、ホストクラブのオーナーから電話がかかってきたのでした。

 

「ごめん、行けなくなった」

「同僚が事故にあった」

未希央に天稀を預かってもらおうと電話をしようとすると、桐生はスマホに手を当てて電話をかけないようにするのです。

そして、

(俺が預かるよ)

無言で聖也の顔を見つめるのでした。

 

病院に行くと、事故に遭ったのはナンバー2とナンバー5のホスト。

1人は軽いケガだけど、もう1人は意識不明のまま。

飲酒運転の車に衝突されたというのでした。

 

オーナーと一緒に病室を出た聖也。

「上手くできるかわからないけど、2人のフォローは俺がやります」

力強くオーナーに伝えると、

「うちのナンバー2と3、そして5が立て続けにこんな目に遭うのは偶然だと思うか?」

「調べたところ、スカウトを断った次の日にみんな襲われてる」

「覚えてるか?嵐士のこと」

 

「嵐士」というのは聖也の前にナンバーワンだったホスト。

そして、
ホストとして絶対に超えてはいけない一線を超えてしまったせいで、ホスト界から追放された男。

「嵐士の次の狙いは間違いなくお前だ」

「自分の身を守ることだけを考えろ」

オーナーから忠告されるのでした。

 

(俺はあの時とは違う)
(天稀という守りたい宝物がある)

震えながら家に帰り、桐生と話す前に天稀が眠るベッドへ入って行った聖也。

1時間後、目を覚まして桐生に

同僚の事故のこと、嵐士のことをすべて話すのでした。

 

翌日、出勤すると、

「知り合いのホストに助っ人を頼んだ」

「そして、今日からお前に新人を付けるから」

オーナーから言われる聖也。

 

「紹介する」

「リュウくんだ」

 

そこにはスーツを着てメガネをかけた桐生が座っていたのでした。

1巻6話ネタバレ

度胸があって社交的。

初めてとは思えないくらいホストが似合ってる桐生。

仕事が終わり、聖也と一緒にタクシーで同じマンションへ帰っていくのでした。

 

「桐生さん、俺を守ろうとしてる?」

「だったらもう、お店に来るな」

「あの人は俺を絶対に傷付けない」

「危ないのは桐生さんだよ」

 

そのまま桐生の肩で眠ってしまったのでした。

しばらくするとタクシーは保育所に到着。

「わぁいぶきもいっしょ!」

「今日のいぶきかっこいいねぇ」

天稀は桐生と一緒にタクシーに乗れて

「3人だとたのしいねー」

テンションが上がってしまうのでした。

 

翌日、黒いスーツを着て、未希央の美容室へ行った聖也。

「マンションの合鍵を渡しておく」

「明日の朝、俺が天を迎えに行かなかったら、代表に電話して」

そう言ってホストクラブへと向かうのでした。

 

「聖也さんお客さんです」
「多分、嵐士さんの太客だった女性かと」

今回3人のホストが襲われたことを知ってるボーイさん。

心配して

「オーナーに連絡しましょうか?」

と言うも、

「大丈夫、俺が呼んだんだ」
「ヘルプもいらないから」

たった1人でその女性が待つ席へと向かっていくのです。

 

「私を呼んだってことは嵐士に会いたいのよね?」

「なら一緒に来て」

すぐにお店を出てタクシーに乗った2人。

 

地下駐車場で降りると

「久しぶりだな聖也」

嵐士が立っていたのです。

 

「俺さえ手に入れば他の人間は関係ないはず」

「俺は嵐士さんのものになるよ」

 

聖也はお店のホスト、桐生、そして1番大切な天稀を守るために、自分のカラダを差し出そうとするのでした。

 

「誰だお前は!」

そこにやって来たのは桐生。

聖也のスマホのGPSをONにしてあとを追ってきたのでした。

 

子持ちホストの危険な隣人
無料立ち読みはこちら

→まんが王国はこちら

→DLsiteはこちら

 

2巻ネタバレ

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像1

職業ホスト。

仕事が終わってやっと天使に会える。

俺の天使は愛息子の天稀。

ホストという職業柄、子供がいることは誰にもナイショ。

そんな俺たち父子に最近、新しい日課が出来つつある。

それは、お隣さんに朝食を届けること。

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像2

大好きなブーちゃんの作者である桐生に会うのが楽しみの天稀。

「いぶきおきてるかなぁ?」

ドキドキしながら聖也と一緒に桐生の家の玄関前。

「もし寝てたらご飯だけ置いて帰るからね」

聖也に言われると口を指で押さえて

「うるさくしません」

のポーズ。

合鍵を使って玄関を開け、2人は静かに部屋に入っていくのでした。

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像3

ベッドではなくソファで横になってることで、「起きてる」と思った天稀。

「いぶきおきてたー!」

「おはよぉござーますぅ!」

ダッシュして勢いをつけて眠っている桐生にダイビング。

 

「ゔぉっ」

いきなりお腹に乗って来られてヘンな声が出てしまった桐生。

「ねてた?」

天稀に聞かれると

「起きてた!」

怒ることなんてすることなく、さわやかに目覚めたのでした。

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像4 子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像5 子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像6

朝食を食べ終え、

「じゃあ保育所に送ってくる」

部屋を出て行こうとする聖也と天稀。

 

「まって!俺も一緒に行く」

「俺も天ちゃんの保護者として登録してもらおうと思ってさ」

桐生は聖也の負担を少しでも減らしてあげようとするのでした。

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像7

保育所で「伯父」ということにして保護者登録してもらった桐生。

聖也に

「これで未希央くんに頼らなくてよくなる」

と言うも、

「もしかして未希央に妬いてるのか?」

核心を突かれてしまうのでした。

子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像8 子持ちホストの危険な隣人-2巻ネタバレ画像9

 

保育所から自宅までの帰り道は、タクシーではなくランニング。

「免許は持ってないのか?」

と聞いてみると、

「持ってる。車は手放した」

「俺の両親は交通事故で死んだ」

「あと、姉は病気で死んだ」

「身内と呼べる人間は誰もいない」

「天稀を守れるのは俺だけだから」

「キケンなことは避けたい。それだけだ」

天稀に淋しい思いをさせたくない。

という強い気持ちを桐生に話すのです。

 

 

「今は俺もいるだろ」

聖也を強く抱きしめ、キスする桐生。

 

出会い方こそ最悪だったものの、桐生は今では大切な存在。

聖也も桐生を強く抱きしめるのでした。

 

 

その日、仕事に行く前に未希央の美容室へ行った聖也。

未希央は

「どっちの部屋で寝てるの?」

「やっぱり保育園に行ってる間にするわけぇ?」

質問をしていくのです。

 

「何の話?」

未希央の言ってることが何のことか理解できない聖也。

「いやー!ウソでしょー!」

「あなたたちまだエッチしてないの?」

恋人同士ならエッチするのは普通のこと。

聖也の性欲の少なさに驚いてしまうのです。

 

(セックスするのが普通なんだよな・・・)

未希央に言われてから、

俺はそんな気はないけど、桐生さんはエッチしたいのかな・・・

仕事中もそればかり考えてしまう聖也。

家に帰っても意識をしてしまうのです。

 

桐生から「パイパンなんだって?」と聞かれると、

(興味あるなら今から見てみる?)

仕事中ならカンタンに言えることだけど、桐生を相手にすると言えなくなってしまうのです。

 

「もっと話しをしたいけど、明日サイン会なんだ」

「じゃおやすみ」

そう言って自分の部屋に帰ろうとする桐生。

 

「明日頑張って!」

聖也は前もって用意していたプレゼントを渡すのでした。

 

翌日。

桐生のサイン会には、若い女性の大行列。

そこにバラの花束を持った聖也が現れたのです。

(わぁ、イケメン♡)
(芸能人かしら♡)

桐生と聖也のツーショットを見てざわざわする女性たち。

 

でも、聖也を見て1番驚いてるのは桐生。

自分が主役なのに、

「握手してください」

と言ってしまうのです。

 

「落ち着け、逆だ」

と言われても、

「逆じゃない、抱きしめたいくらいだ」

大勢のファンが見てる前だというのに、桐生は暴走したくてウズウズ。

 

「誰だよアイツ」

「威吹とどういう関係?」

サイン会の舞台裏から、冷たい目で聖也を見つめるイケメンがいたのだった・・・

 

「子持ちホストの危険な隣人」2巻はこのあと、

・聖也をニラんでいたのは、人気俳優の高邑羽琉斗。

そして、高邑羽琉斗は桐生を愛している。

高邑は聖也と桐生が恋人同士だと気付き

「俺がホストに負けただと?」

プライドを傷付けられてしまいます。

 

新刊出版のお祝いにキスしてあげる聖也。

その時に桐生のアソコが大きくなってることに気づき、

「俺とセックスしたい?」

「俺は恋人らしく願いを叶えてあげたいんだ」

そう言うも、桐生に断られてしまいます。

 

そんな中、高邑は聖也のお店に来て

「俺は負けない」

と宣戦布告。

そして、桐生は

「今日、俳優の高邑と2人で飲みに行ってくるから」

と言ってくるのです。

 

仕事中もずっとその事が頭から抜けず、早退した聖也。

「アヴァロンの聖也さんですか?」

いきなり男3人に囲まれて、スタンガンで気絶させられてしまうのだった・・・

 

子持ちホストの危険な隣人
2巻無料立ち読みはこちら

→まんが王国はこちら

子持ちホストの危険な隣人-2巻表紙

→DLsiteはこちら

 

3巻ネタバレ

子持ちホストの危険な隣人-3巻ネタバレ画像1

「いつもサポートありがとう」

「少ないけど、これでみんなで食事でもしてきて」

格好いい先輩として後輩ホストにも慕われてる聖也。

 

「アフターもしないで帰るのは本カノがいるのでは?」

とウワサされてるけど、

・子供がいること
・大人気小説家の桐生威吹と付き合ってることはヒミツ。

プライベートが謎に包まれてることも、聖也の魅力の1つなのでした。

子持ちホストの危険な隣人-3巻ネタバレ画像2

子持ちホストの危険な隣人-3巻ネタバレ画像3

子持ちホストの危険な隣人-3巻ネタバレ画像4

子持ちホストの危険な隣人-3巻ネタバレ画像5

はじめてセックスしてからというもの、キスする回数が増えてしまった2人。

あやうく天稀に見つかってしまいそうなこともしばしば・・・

そんな中でも少しずつ立派に成長していく天稀の姿が、聖也にとっては何よりも嬉しいのでした。

 

子持ちホストの危険な隣人-3巻ネタバレ画像6

子持ちホストの危険な隣人-3巻ネタバレ画像7

子持ちホストの危険な隣人-3巻ネタバレ画像8

子持ちホストの危険な隣人-3巻ネタバレ画像9

天稀を保育園に送ったあとは、聖也と桐生の2人だけの時間。

「本人とは違ってここは素直だから」

聖也の乳首を舐めて、固く突起するのを見るのが大好きな桐生。

 

恥ずかしくて嫌がるけど、聖也は乳首を舐められてアソコを大きく膨らますのでした。

子持ちホストの危険な隣人-3巻ネタバレ画像10

聖也を愛撫して、気持ち良くなってる反応をずっと見ていたい桐生と、

そんなことしてないで早く入れて欲しい聖也。

「威吹の入れてっ」

自分からおねだりをしてしまうのです。

姉が病気で亡くなって聖也が病院に行った時、

聖也に近づいて

「ぱぱぁ?」

笑顔で指を握ってきた天稀。

 

父親がいなくて育った天稀。

母親を失ったこともわからないまま、聖也をパパと思い込んでいたのです。

そして、
その姿を見た聖也は

「この子を自分の子として育てる」

「絶対に淋しい思いはさせない」

天稀を抱きしめながら誓ったのでした。

 

それから数日後。

天稀を保育園に迎えに行った桐生。

2人で仲良く帰ってる途中、

「おい!そこのモジャ頭のあんた!」

いきなり知らない男に呼び止められたのです。

 

保育園の保護者がまわりに大勢いる中、

「あんた、その子の父親じゃないよな?」

大声で叫ばれてしまったのでした。

 

男の声に反応して静まり返る親たち。

そして天稀の手をギュッと握って

「俺は父親だけど」

動揺しながら返事をする桐生。

 

「ウソをつけ!」
「全然似てないだろ!」

「怪しいヤツだ誘拐かも」
「誰か警察をっ!」

男はそう言ったあと、天稀に目線を合わせるようにしゃがんで

「ねぇパパは?」

優しく質問をしていくのです。

 

「パパはおしごと」

 

素直に答えてしまった天稀。

(こんな男を相手にしたくない)

と思っていた桐生は仕方なく、

「俺はその子の父親の代わりに迎えに来たんです」

正直に話しをするのでした。

 

男の大きな声を聞きつけて走ってやって来た保育園の園長先生。

桐生が事情を説明すると、

「この人はお父様の伯父さんですよ」

「そして園児たちが大好きな絵本作家さんです」

「身元は園長の私が保証します」

桐生の窮地を救ってくれたのでした。

 

人見知りしない天稀。

「おじさんはだあれ?」

男に近づいてしまったのです。

 

「おじさんはな」

「三ツ星フレンチシェフの市川天一郎だ」

「そして」

「きみの父親だよ。天稀くん」

 

いきなり現れた男は

天稀がこれまで1度も会ったことがなかった父親だと言うのでした。

 

「子持ちホストの危険な隣人」3巻はこのあと、

聖也に許可されて、家にやって来た天一郎。

人見知りしない天稀と仲良く話しをするのです。

 

そして、「天稀の父親が現れた」と桐生から聞いて、ぜんぜん仕事にならない聖也。

お客さんがいる中で早退したのでした。

慌てて家に帰ると、天一郎にいきなり抱きつかれ

「君が聖也くんだね」
「彩咲陽にそっくりだ」

姉の名前を口にされて驚いてしまうのです。

聖也に会えたのが嬉しかったのか、涙を流す天一郎。

「はじめまして」
「私は君のお姉さんの恋人で」
「天稀の父親、市川天一郎といいます」

(天稀の天?)

(天稀と同じ漢字が名前に入ってることは、父親だからか?)

それだけ聞かされても、天稀の父親と認めることは到底できないのでした。

 

全員で三ツ星シェフが作った料理を食べ

「さすが本物のシェフ・・・」

味を認めていた時、

「ちちもおりょうりじょうずです」

天一郎を”ちち”と呼ぶ天稀。

 

悪意がなく無邪気に”天一郎をちち”と呼ぶ天稀を見てられなくて、聖也はベランダへ行ってしまうのです。

 

(あの男が本当に父親なら、天稀はいなくなってしまうのではないか・・・)

(天稀のいない生活なんて考えられない・・・)

 

そう思うだけで胸が張り裂けそうになってしまう聖也。

天稀が眠ったあと、桐生と3人でじっくりと話をするのでした。

 

「姉は未婚です」
「あなたに義弟と呼ばれる筋合いはありません」

天一郎がウソをついてる。と詰め寄っていく聖也。

「いずれ結婚すると思っていたよ」
「彼女が本場の修行から逃げるまではね」

「え?姉はフランスにいたんですか?」

姉がフランスにいたことも知らなかった聖也。

「僕は彩咲陽がしょぼい店をやっていたら笑ってやろうと思って帰国したんだ」

「そこで亡くなってるって聞いたんだ」
「しかも、私たちの息子を残して」

天一郎は聖也の姉と写った写真を見せてくれたのでした。

 

「天稀を引き取るんですか?」

1番気がかりなことを聞いた聖也。

すると天一郎は

「もし、あの子が少しでも不幸なら引き取る用意があるよ」

はっきりと答えたのです。

そして、

「私は君の仕事が気にくわない」

「夜遅くまで他人に預けて、淋しい思いをさせてるんだろ?」

「ホストに子育てなんて出来るわけがない」

「そんなわけで、しばらくここに泊まるから」

 

聖也がどんな子育てをしてるか判断して、もし適していないと判断すれば自分が住むフランスへと連れて帰ると宣言するのでした。

 

(なんとしても天稀の父親として認めてもらわなきゃ・・・)

そう考えると、いつもと同じことをしてるだけで十分なのに、いつも以上に聖也は気を使ってしまうのです。

 

聖也を大好きで、とってもいい子に育ってる天稀。

天一郎が思っていた”ホストに子育てができるはずがない”という考えは少しずつ変わっていくのです。

でも、

天一郎が留守にしてる間に久しぶりに家にやって来た桐生。

ガマンできなかった2人はお風呂に入ってセックスしてしまうのです。

 

「最近、見ないと思ったら、こうやってこそこそ会ってたんだな」

 

その間に帰宅していた天一郎にバレてしまうのだった・・・

子持ちホストの危険な隣人
無料立ち読みはこちら

→まんが王国はこちら

子持ちホストの危険な隣人-3巻表紙

→DLsiteはこちら

「子持ちホストの危険な隣人」を読んだ感想

エッチシーンは少ないけど、2人がお互いを思う気持ちが強く描かれていた「子持ちホストの危険な隣人」でした。

 

最初は最悪な出会いだったけど、今ではなくてはならない存在の聖也と桐生。

そして、天稀くんがとっても可愛くて、重要なシーンでいい感じで登場してくれます。

イケメンホスト(しかもナンバーワン)っていうのは、やっぱり女性にも男性にも気が利くし、優しいし、かっこいいし、BL漫画の主役としては最高の登場人物。

相手が「売れっ子小説家」というのも、この漫画を引き立ててくれます。

 

ストーリーの展開もハラハラする場面が多くて、

・桐生に襲われたと勘違いして出会い

・酔った桐生にキスされて

・桐生は天稀が大好きな絵本作家だった

・過去のナンバーワンホストに狙われる

・イケメン俳優が桐生を好きで恋のライバルに

・イケメン俳優の先輩が聖也を襲う

・「俺は天稀の父親だ」見たこともない男が登場

など、「こんな展開になってどうなっちゃうの?」ってドキドキの連続でした。

エッチシーンは少ないものの、2人の筋肉美があるおかげで、見どころたっぷりとなっていました。

見どころ

「子持ちホストの危険な隣人」にはたくさんの見どころがありました。

まだ描かれてる回数は少ないですが、エッチシーンは見どころの1つ。

ファーストキスをしてから少し経って

「手で射精してあげる」

というのが1番最初のエッチシーン。

そこからキスの回数も増えていって、アソコが勃つ機会も増えていきます。

エッチする前には聖也が自分でアソコをいじってみたり、

ベッドで激しく求め合ったり、お風呂で求め合ったり・・・

絵がキレイなおかげで、イケメン同士のセックスがとってもエッチに描かれています。

 

そしてなんといってもストーリーの中で「きゅんきゅん」というか「ほっこり」というか、「胸が熱くなってしまう」のは天稀ちゃんが登場するシーン。

・顔、表情
・「パパ―!」って甘える姿
・子供サイズの可愛くてオシャレな洋服
・礼儀正しいところ
・大人っぽい面もあるけどやっぱり子供なところ

など、1つ1つのセリフや仕草がストーリーを引き立ててくれています。

 

「子持ちホストの危険な隣人」は

・ストーリーよし
・登場人物のイケメン度よし
・セックスシーンよし
・そして「天稀くん最高!」

と読んで大満足のBL漫画でした。

子持ちホストの危険な隣人
無料試し読みはこちら

→DLsiteはこちら

→まんが王国はこちら

「子持ちホスト」
と検索して下さい

買った人の口コミ(ネタバレ有り)

イケメン同士が主人公って最高!
★★★★★

隣人だとは知らずに最悪の出会いをした2人。

でも、桐生が聖也を好きになって押し続けてくうちに、聖也の方が桐生を好きに。

初めてのキス→初エッチの流れはドキドキの連続☆

色んなトラブルに巻き込まれ、協力して解決してく様子も読んでて飽きません。

天稀ちゃんの成長も楽しみだし、どういった感じの結末を迎えるのか?

ここ数年で1番面白い内容でした。

「とにかく天ちゃんが最高!」
★★★★★

絵がキレイ。ストーリーも面白い。でも、1番のお気に入りは天稀ちゃん♡

パパが大好きで威吹が大好きでプーちゃんが大好きで保育園のお友達も大好き。

ママがいない淋しさを出すことをしない姿が見てて泣けてきます。

このままイイ子で大きくなってほしいなーっと心から願ってしまいます。(間違いなくイケメンになるでしょう)

1巻・2巻は物足りなかったけど3巻がサイコー!
★★★★☆

1巻はなんか物足りなくて、2巻でんーって感じ。

だけど3巻を読んでみて、「ここまで読み進めてよかった!」って思いました。

天稀の父親の登場なんて予想もしなかったので、本当に驚きの連続でした。

こんなに面白くて「4巻はどうなっちゃうの?」期待ばかり大きくなってしまっています。

きっと4巻はもっと面白くなるんだろうなーと作者さんにプレッシャーを与えてみたいと思いますw

スーツ姿も良い。だけど脱いだらもっと素敵だった!
★★★★☆

サラサラした髪の毛、高身長、長い手足の聖也。

スーツがとっても似合ってるんだけど、脱いだら筋肉質の細マッチョで格好よすぎて悲鳴に似た声が出てしまいました汗

特にお気に入りなのは、1人エッチしたシーンと威吹の手で出させてもらったシーン♡

(SEXする姿もいいけどお尻はちょっと苦手なので・・・)

4巻以降ではエッチシーンを増やしてほしいなー

イケメンばかりで最高でした
★★★★★

No.1ホスト、人気小説家、天稀の父親、未希央など登場人物が全員イケメン!

オシャレだし、性格いいし、人生背景も良い。

個人的に「子持ちホストの危険な隣人」は殿堂入りしました♡

子持ちホストの危険な隣人を無料で読む方法

「子持ちホストの危険な隣人」は色んな電子コミックで配信されています。

当サイトでは

・まんが王国
・DLsite
・U-NEXT

をおすすめしています。

たまーに割引キャンペーンを行ってる場合もありますが、価格は

・1巻ー660円
・2巻ー660円
・3巻ー660円

とそれなりに高い値段設定となっています。
(収録話数、ページ数から考えても妥当な値段だと思います)

「どうしても無料で読みたいんだ!」

と思って色々調べてみました。

漫画バンクやzip,rarで読める?

「子持ちホストの危険な隣人は無料で読めるかな?」と思ってネット検索をしてみました。

ですが、現在アップロードしてるサイトは1件もありませんでした。

(著作権など規制が厳しくなったこと、180ページ以上とページ数が多い事が理由だと思われます)

 

「じゃあ無料で読めないの?」

という疑問になると思います。
結論を先に言うと、完全無料では読めません。

ですが、U-NEXTを利用すると600円分のポイントがもらえるので安くオトクに読むことが可能です。

下で詳しく解説していきます。

U-NEXTで子持ちホストの危険な隣人を安く読む

U-NEXTは動画配信サイトとして有名ですが、漫画だけでも40万冊以上配信しています。

初回登録限定になりますが、無料会員登録すると600ポイントもらえて、そのポイントを利用してマンガを購入することができます。

「子持ちホストの危険な隣人」は1巻あたり660円となっていますので、100ポイント(100円)するだけでお好きな1巻を読めます。

また、U-NEXTはポイント還元が40%もあって、電子コミックサービスではありえない還元率となっています。
(実質4割引でマンガが購入可能)
(ポイントバックは翌月になります)

登録して31日以内に解約すると料金はかかりませんので、この機会に登録してオトクに「子持ちホストの危険な隣人」を読んでみてください。

→U-NEXTはこちら

(漫画の配信状況には変化があります。会員登録前に「子持ちホストの危険な隣人はあるのか?」をU-NEXT内にてご確認ください。2021年11月5日現在は3巻まで配信中でした)

おすすめの電子コミック

「子持ちホストの危険な隣人」は色んな電子コミックサイトで配信されています。

当サイトでは

・まんが王国
・DLsite
・U-NEXT

をおすすめしています。

■まんが王国をおすすめしてる理由

・毎日2回、割引クーポンが当たる
(最大50%OFF)

・無料会員登録するだけで、無料で読めるマンガが多くなる
(3000冊以上)

■DLsiteをおすすめしてる理由

・BL漫画が豊富
(専売・独占・先行配信も多い)

・キャンペーンが豊富
(20%OFFは当たり前のように開催する)

■U-NEXTをおすすめしてる理由

・初月無料で600ポイントもらえる
・動画も無料で見れる(「見放題作品」に限る)

色んな電子コミックがありますが、個人的には上の3つを登録すれば間違いないかなーと思っています。

桃季さえ(作者)情報

「子持ちホストの危険な隣人」の作者「桃季(ももき)さえ」さん。

これまでに

・おまえの可愛い木嶋くん
・木嶋兄が狙われています
・弱虫くんとナイトさま
・恋人は年下のスーパースター

など数多くのBL漫画を出版されています。

(表紙はこんな感じです)

そんなお忙しい中、twitterも運営されています。

twitter

→桃季さえさんのtwitter

twitterでは「子持ちホストの危険な隣人」の情報紹介をはじめ、作品の紹介、ファンの方をリツイートなどこまめに更新されています。

「ブログはあるのかな?pixivはあるのかな?」と思って検索してみましたが、SNSはtwitterのみ運営されてるようです。

まとめ

「子持ちホストの危険な隣人」ネタバレ・見どころ・無料で読む方法などの紹介でした。

現在は3巻まで配信されていて

・2人の関係は公になる?
・天稀の成長はどうなる?
・ホストはいつまでつづける?
・桐生の次回作は?

など、これからの展開がどうなるのか気になりすぎてしまうBL漫画。

ちなみにコミック版も販売されていて、タイトルは「子持ちホストの過保護な隣人」となっています。

→楽天で販売していました

電子版とコミック版両方を買いそろえてる猛者も多いとSNSでかなり多く見かけました。

タイトル子持ちホストの危険な隣人
作者桃季さえ
配信まんが王国
DLsite
U-NEXTなど
巻数3巻
価格電子版660円
コミック版748円
ジャンルホスト/スパダリ/子育て/BL

子持ちホストの危険な隣人

→DLsiteはこちら

→まんが王国はこちら

「子持ちホスト」
と検索して下さい

続編が配信するたびにネタバレを更新していきますので、また遊びに来てくれると嬉しいです。

 

人気BL漫画ネタバレ


エッチなおもちゃ。今めっちゃ売れてます♡

-BL漫画, 桃季さえ
-,