ハムスターの煮込み

かっこつけてエロいことに興味ないフリしてたら俺のほうが先に好きだった幼馴染をエロ猿の友達に取られるお話~ネタバレ

ハムスターの煮込み「かっこつけてエロいことに興味ないフリしてたら俺のほうが先に好きだった幼馴染をエロ猿の友達に取られるお話」あらすじとネタバレ、見どころを画像を使って紹介。

かっこつけてエロいことに興味ないフリしてたら俺のほうが先に好きだった幼馴染をエロ猿の友達に取られるお話-同人-エロ画像-TOP画像

「かっこつけてエロいことに興味ないフリしてたら俺のほうが先に好きだった幼馴染をエロ猿の友達に取られるお話」は、

 

幼馴染の優香が大好きで

「将来は結婚をしたい」

と思ってる和也と、

 

「優香は今日もエロいケツしてるなー」

セクハラ発言を恥ずかしいと思わない猿男。

 

そして、

和夫と猿男と仲良しの優香の合計3人が主人公。

 

3人が仲良くしゃべりながら学校に行く。

というシーンから始まっていきます。

 

「昨日も優香で10回もシコっちまったよ!」

いつも通りに昨夜のオ〇ニー回数を報告する猿男。

 

「和夫はそういう話が苦手なんだから止めなよー」

幼馴染だけに和夫の性格をよく知ってる優香。

 

エロい話には興味なさそうに

「ははは・・・」

和也は笑うも

(俺だってエロい話には興味ある)

(でも、優香の前では格好つけたいんだ)

本当は3人で下ネタを話したいけど、紳士でいたかったのでした。

 

休み時間になると

「これ見てくれよ」

そう言ってスマホを見せてきた猿男。

スマホには『優香が私服でピースをしてる自撮り写真』が写っていたのです。

 

「これ、どうしたの?」

普段は写真なんて送らない優香がなぜ写真を送ったのかわからない和也。

 

「優香を見ながらシコりたいから自撮りしてくれって頼んだら送ってくれた」

 

優香をオカズにするから送ってくれと頼んだと言ってくるのでした。

 

「へ、へぇー」

 

猿田が自慢してるのは、なんてことない自撮り写真。

だけど「オナネタ用にする」とわかっていて優香が撮影して送信したことに、強い不安を感じる和也。

 

その日の夜になって優香に

「写真を送ってくれない?」

頼んでみた和也。

 

でも、猿男は

「おっぱいの写真送ってくれ!」

 

和也よりも過激なお願いをしていたのだった・・・

 

「かっこつけてエロいことに興味ないフリしてたら俺のほうが先に好きだった幼馴染をエロ猿の友達に取られるお話」を読んだ感想をひと言でまとめると、

 

シコってる動画を見せてくれた代わりにオマ〇コ写メを送るシーンは最初のヌキどころ♡

チ〇ポを初めて見て、大きさと激しいシコりっぷりが忘れられない巨乳ヒロインの心境と性への好奇心が最高だった!

猿男と激しすぎるセックスは安定のハムスターの煮込みクオリティ。

揺れまくる超巨乳、何も考えられ無さそうなくらいイってるアへ顔。

どこをとっても大満足の同人エロ漫画でした☆

ではここから「かっこつけてエロいことに興味ないフリしてたら俺のほうが先に好きだった幼馴染をエロ猿の友達に取られるお話」を画像を使いながら、ネタバレしていきます。

かっこつけてエロいことに興味ないフリしてたら俺のほうが先に好きだった幼馴染をエロ猿の友達に取られるお話 画像ネタバレ

優香から送ってもらった”たった今撮ったばかりの自撮り写真”を見ながら、シコってしまう和也。

 

そして、

「おっぱいの写真送ってくれ!」

「どうしても見たいんだ!」

「もう10回もシコったのに収まんないんだ!頼む!!」

優香にメッセージを送った猿男。

 

「おっぱいはダメでーす」

 

とメッセージが返ってくるも、

 

「たのむ!たのむって!」

 

もう限界だとアピールすると、

 

「谷間ならおK」

 

優香がTシャツを指で下げた巨乳の谷間が写った写真が送られてきたのでした。

 

「よっしゃー!」

 

猛烈に興奮して、写真を見ながらチ〇ポを握り、シコっていく猿男。

 

(ノリで送っちゃった・・・)

(私のカラダってオカズになるくらいエッチなのかな・・・)

 

猿男にオカズにされてる理由がわからない優香。

(和也も私のカラダに興味あるのかな)

(和也も自分のカラダに興味を持ってくれてるなら嬉しいな・・・)

と思っていた時、

 

「優香!マ〇コ見せてくれ!」

 

猿男から再び、メッセージが届いたのです。

 

「たのむ!お前のエロいところを見たいんだよ!」

 

メールの文章から伝わってくる猿男の必死さ。

 

「ぶんなぐるぞー!」

と返信するも、

「頼む!もう15発目だけど収まんないんだ!」

優香のマ〇コを見ないと寝れないし、もう限界なんだ!とアピールしてくるのです。

 

しばらくの間、返信をしなかった優香。

でも、

「じゃあ、シコってるとこ動画で送ってくれたらいいよ?」

マ〇コの自撮りを欲しがる理由を納得するために、猿男の本気度を知りたいのでした。

 

少しだけ時間が経ったあと

ピコン

優香のスマホにメッセージの通知音。

 

「わっ本当に送ってきた」

「えぇっ!」

 

送られてきた動画を再生すると

「優香ぁ!ゆうかぁ!!」

想像よりもグロくてデカいチ〇ポをシコってた猿男。

優香は動画から目を離すことができず、発射するところまで見入ってしまうのです。

 

大量に発射された精子、そして初めて見るチ〇ポ。

 

アソコがきゅんとなって濡れてしまったこと。

そして、

約束は守らないといけない。

 

「どうそ・・・」

 

そのメッセージと一緒にオマ〇コの写メを送ってしまったのでした。

 

(猿男にオマ〇コの写真送っちゃった・・・)

 

そう思うと同時に

和也にも送らないと・・・

私は和也のことが・・・

と思った優香。

 

「まだ起きてる?」

 

和也にメッセージを送ったのです。

 

「起きてたよ」

「もう寝るところだけど」

 

返事を受け取った優香。

 

「和也はさ」

「やっぱりエロいことって興味ないの?」

 

そう打ったあとに続けて

 

「おっぱい自撮りしたんだけど・・・」

「欲しいなら送ってあげる」

 

おっぱいの写真を見せてあげると言ってきたのです。

 

こんな状況になっても、優香に対しては紳士でいたい和也。

「い、いや、俺はいいよ」

本当は見たくてたまらないのに、ウソをついてしまったのです。

 

 

なのに、

「一応送っとく」

「いらなかったら消しといて」

優香の巨乳の写真が送信されてきたのでした。

 

 

「こういうのやめとけよ」

「はしたないぞ」

 

興奮して震える手で打ち込んだ和也。

 

「ごめん」

 

「もう寝るね」

 

そう言ったあと、メッセージが返ってくることはなかったのでした。

 

 

シコシコシコシコ

どぴゅっ

 

優香のおっぱいの写真を見ながら夢中になってシコりつづける和也。

翌日。

優香にどんな顔をして会えばいいのか?

俺は紳士でいたかったのに、もうエロい目でしか見れないよ・・・

あんなに仲良くしてた幼馴染に顔を会わせづらくなってしまい、和也は学校をズル休みしてしまったのでした。

 

 

学校を休んだ和也。

でも、
猿男と優香はいつも通りの時間に家を出て、いつもの場所で合流。

 

家を出た時からずっと

猿男のシコってる姿が頭から抜けない優香と、

優香のオマ〇コ写真が頭から抜けない猿男。

 

お互いに意識しながらも、学校へ向かうのでした。

 

その翌日。

優香のおっぱいが頭から抜けないまま、行きづらいけど登校した和也。

 

授業が始まっても

(あの優香が俺におっぱいを見せてくれた・・・)

集中できない和也。

 

そこに猿男がやって来て

「聞いてくれ!」

「俺昨日、童貞卒業した!」

ニコニコしながら報告してきたのです。

 

(こんな性欲バカが俺より先に?)

悔しい気持ちに襲われつつも

「相手は誰だよ!」

聞いてみた和也。

 

「そんなのお前、決まってるだろ」

「優香だよ!」

 

猿男は和也が学校を休んだ日に、優香とセックスしたと言ってきたのです。

 

「まぁ、慌てんな」

「これからゆっくり説明してやるから」

 

和也は聞きたくないけど、

猿男がどんな風に優香を相手に童貞卒業したのか

すべて聞かされてしまうのだった・・・

かっこつけてエロいことに興味ないフリしてたら俺のほうが先に好きだった幼馴染をエロ猿の友達に取られるお話

\無料立ち読みはこちら/

つづきはこちら

激しすぎるセ〇クスシーンは最高でした♡

-ハムスターの煮込み
-, , , ,