矢印キー

「淫魔達の遊戯~イったら終わりの一週間」イキたいのにイカせてもらえない優等生の夢魔

矢印キー「 淫魔達の遊戯~イったら終わりの一週間~」エロ同人のあらすじとネタバレ、感想と見どころを画像で紹介。

■あらすじ■

昼間(現実世界)では品行方正で優等生を演じてる茉莉。
でも、裏の顔(夢の世界)では「男から一方的に精を貪る」少し危険な夢魔だったのでした。

いつものように夢の世界で男を食い漁っていると「キミ弱そうだね」不敵な笑みを浮かべた怪しい男に遭遇。

インキュバスを名乗るその男の挑発に乗せられて勝負するも、あっけなく敗北してしまうのだった。

 

敗者の罰として奪われたのは「夢の世界での支配権」と「夢の中でのカラダ」。

解放してもらえる条件は「1週間絶頂しない」という下品で卑しい悪趣味な物。

 

(それくらい耐えてやるっ)
と思っていたのに、茉莉が学校に通ってるなんて関係ないインキュバス。

まわりにクラスメートがいるのに、ねっとりと全身(特に下半身)を撫でまわしてくるのだ。

同じトコロを何度も愛撫されて悶絶してしまう茉莉。息を殺して身悶えるしかできないのだった。

 

インキュバスは眠ると夢の世界にもやって来て、もてあそぶようにジワリジワリと身体を蝕ばんでくる。

(イキたいけどイってはダメ・・・)
茉莉は自分の意志とは反対に快感に耐えることが出来ないメスへと変えられてしまう。

無事に7日間の絶頂禁止に耐えることは出来るのだろうか・・・

 淫魔達の遊戯~イったら終わりの一週間~ 画像ネタバレ

男の夢の中に入り込み、精を貪る毎日を送っていた夢魔の茉莉。

「ご馳走様です♡」

この日もチ〇ポを膣に挿入して精液を搾り取っていました。

 

その時、背後から聞こえてきたのはパチパチという拍手の音。

振り返ると薄気味悪い悪魔が茉莉の搾精性交を見ていたのです。

 

「この辺りで好き勝手してる娘がいる聞いてね」

「少し遊びたくなったんだ」

 

挑発してくる悪魔に

「私は遊ぶつもりまんてありませんから」

軽くやっつけてしまおうと勝負を受けた茉莉。

なのに、

「夢魔なのに弱いなぁ」

インキュバスとの勝負はあっさりと敗北。

悔しくて泣いてる茉莉のお腹にインキュバスは淫紋を刻んだのでした。

「1週間絶頂しなければ、夢の中の身体は解放してあげよう」

「でもこれはただのゲームじゃないよ?」

「もし絶頂しちゃったら、僕の下僕になるんだ」

一方的に不条理な条件を突き付けられた茉莉。

(触られるのなんていつものことだから耐えられる・・・)

と思っていたのに、通学中、授業中、電車の中とインキュバスの愛撫は茉莉にとって不都合な時ばかり狙ってくるのです。

 

オマ〇コ、乳首、お尻の穴を愛撫されながらも、なんとか家に帰ってきた茉莉。

(きもちわるいっ)

(最低っ、●してやるっ)

ずっと愛撫されてたせいで、玄関に入った瞬間に崩れ落ちてしまうのでした。

そんな状況なのに愛撫することを止めないインキュバス。

(あっはぅっ)

茉莉はカラダを小さく震わせて甘イキしてしまったのです。

 

(やばいっ)

と思ったけどカラダにも意識にも変化なし。

(甘イキはセーフなの?)

インキュバスは本気イキしかカウントしておらず、茉莉に甘イキを何度もさせて快楽を叩き込もうと考えていたのでした。

そのあとも何度も甘イキさせられ、眠ってしまった茉莉。

夢の中にインキュバスが現れ、いきなり手マンしてきたのでした。

「1週間後までは挿入するつもりはない」

「それまでは指と舌で愛撫してやる」

敏感になってる上に特殊な薬まで塗られ、限界に近い快楽を与えられるのでした。

 

四つん這いで頭を押さえられ、逃げれないのに、クリトリスまで痙攣してしまうほど、イク寸前まで追い込まれてしまう茉莉。

「おねがいっ もうやめてっ」

「離してくださいっ」

涙を流しながら必死にお願いするのです。

 

愛撫→イク寸前→愛撫→イク寸前

という行為を朝まで続けられた茉莉。

(こんなんじゃ学校に行けない)

と判断して学校を休んだのでした。

 

でも、

家にいることで容赦なく愛撫を繰り返してくるインキュバス。

わざと昨日よりも激しい愛撫を繰り返していくのです。

 

(甘イキさせられるのが1番苦しい・・・)

(イってるのとイケないのを同時に味わわされる・・・)

地獄のような苦しみは最終日までつづくのでした。

 

そして約束の最終日の夜。

「これで解放してくれるんですよね?」

なんとか耐え抜いて来た茉莉。

 

「じゃあそろそろ俺も気持ち良くしてもらおうか」

インキュバスはこの日初めてチ〇ポを挿入することにしたのです。

 

夢魔のプライドをかけて負けられない茉莉は

「アナタなんて挿入したら終わり」

「一瞬で搾り取ってあげますわよ」

余裕の言葉。同時に

(イカせられてしまったら下僕になってしまうんだ・・・)

恐怖で顔は凍りついていくのでした。

 

ずぷっ

 

一気に挿入ってきたインキュバスのチ〇ポ。

「これはだめぇ・・・」

「無理ーーー」

茉莉は一瞬で潮を吹き全身は痙攣。

白目を剥いてイカされ絶頂してしまったのです。

 

「イってなんかない!」

すでにイってるのはバレてるけど、茉莉のココロが折れるまで何度もイカそうとするインキュバス。

何度も、何度も、何度も茉莉をイカせてくるのだった。

 

■人物紹介

茉莉

訳あって悪魔の力を持った人間の少女。
夜な夜な男の夢に入り込んで、抵抗できない青少年を食事感覚で襲っている。

やや「サディスト」の気があり、現実に影響が出ない程度に虐めるのが趣味。

夢魔なのでHなことには寛容だが、無理やり犯されるのは大嫌い。

昼間(現実世界)では優等生としてふるまっている為、現実世界で性経験はなく処女である。

淫魔達の遊戯
~イったら終わりの一週間~

→無料立ち読みとレビューはこちら

最新記事

人気記事ランキング

-矢印キー
-