黒斗

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!最新話まで画バレ(黒斗)

黒斗が描く「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」を1巻から最新刊の20巻までのネタバレを画像を使って紹介していきます。

黒斗さんが描く「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」は、大学に入学して従兄の家に居候することになった浦部宗介(20)が主人公。

どちらかと言うと真面目タイプの従兄「哲也」ですが、奥さんは金髪ギャルで巨乳の「鈴音」さん(22)。

恋人もいなくて童貞の宗介。普段からミニスカを履いてる鈴音と一緒に暮らしていく中で、無防備に見えるパンツや風呂上りのバスタオル姿にムラムラしてしまうのです。

エッチな目で鈴音を見つつも、明るくて優しい鈴音に宗介は恋心を抱いてしまうのでした。

ある日、ダンナとの記念日を盛大に祝おうと、心を込めてパーティの準備をしていた鈴音。

でも、旦那は仕事が忙しくて帰ってこれないのです。

楽しみにしていた記念日のお祝いが出来なくて落ち込んでしまう鈴音。

宗介は鈴音に少しでも元気を出してもらおうと優しい言葉をかけるのでした。

嬉しくなってしまった鈴音は酔っていたこともあり、「今日だけいいよ・・・」宗介を誘ってしまうのです。

ブラを外すと大きな乳房にピンクの乳首。アソコはパンツの上からでもわかるくらいヌルヌルで・・・

お互いに性器を触り合い、もう止まれなくなってしまった2人はついに・・・

「どう?童貞奪われた気分は♡」

騎乗位でピストンを続ける鈴音がリクエストで正常位をしてもらうと、旦那よりも大きなチ〇ポで失神イキしてしまうのでした。

それからも仕事で忙しいダンナは家に帰ることもなく、2人の関係は内緒で続いていくのです。

そんな中で、鈴音のママ友、隣人の未亡人、バイト先の後輩など、色んな女性に好かれてしまう宗介。

巨根とすぐに復活する持続力の強さで、眠ってる間に襲われてしまったり、逆レ〇プされたり、ア●ルSEXに、3Pセ〇クス・・・と、

この前まで童貞だったとは考えられない過激なセ〇クスを経験していくのだった・・・

 

最新刊まで読んだ感想をひと言でまとめると、

エロい巨乳ギャル、スレンダーなバツイチ妻、3P、処女ともセ〇クスしまくりで最高だ!

です。

ではここから「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」のネタバレを紹介していきます。

「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」は色んな電子コミックサイトで配信されています。

当サイトでは
・DLsite(18才以上閲覧可)
・まんが王国(18才未満も閲覧可)
をおすすめしています。

DLsiteは「単品購入の場合440円」とまんが王国「200円」と比べて高いですが、モザイクが「ー」←こういう黒棒のみなので描写は過激です。(セットだと3巻で660円なので単価220円とほぼ同じです)

これから貼っていく画像はDLsiteの画像ですが、サンプルなのでモザイク仕様となっています。
製品版は黒棒のみでモザイク処理はありません。

 

目次

「どう?童貞を奪われた気分は♡」ギャルママとパコパコSEX~1巻


「今日だけ慰めて♡」

と言われてセックスする許可をもらった宗介。

鈴音の服とブラを脱がして夢中で舐めていくのです。

初めて見るナマのおっぱいに興奮してる宗介は、音を出しながら乳首を吸い続けるのでした。

 

「あは♡すごい♡」

「でも、もうちょっと優しくね♡」

がっついて吸ってる姿を見て嬉しくなった鈴音。

「今度はこっちも触ってみて♡」

宗介の手を握ってオマ〇コへ触ってもらうのです。

 

パンツの上からでもわかるほど、ぐちょぐちょに濡れていたパンツ。

指を入れてみると奥まで入っていくのです。

 

童貞の宗助にとって人生初めての手マン。AVで見たように手を動かしていくと、鈴音はアエギ声を出しながらイったのでした。

 

「宗ちゃんのココ、すごいことになってる♡」

手マンでイカせてくれたお礼に今度は手コキしようとする鈴音。

 

「うそ!デカ!」

パンツを下げて勢いよく飛び出してきた勃起チ〇ポを見て驚いてしまうのでした。

宗介が童貞だと知って、自分がリードしてみたくなった鈴音。

宗介を押し倒してチ〇ポを握り、マ〇コに挿れようとするのです。

でも、旦那よりも大きいチ〇ポはさっき手マンでイったマ〇コにもなかなか入っていかず、何度も何度も腰を小刻みに動かしてやっと入っていったのでした。

 

「どう?童貞を奪われた気分は?」

 

最高に気持ち良いオマ〇コにすでにイってしまいそうな宗介。

なのに鈴音は自分でおっぱいを揉みながら、騎乗位で動いてしまうのでした。

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」1巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!1巻ネタバレはこちら

 

「もうイキそうです!」→「だ~め♡」ギャルママとパコパコSEX~2巻

 

娘の美音のお願いで3人一緒にお風呂に入ることに。

湯舟の中で勃起してしまった宗介にイジワルしようとして、背中コキをする鈴音。

でも、仕返しに乳首を刺激されたあと、手マンされてマ〇コはヌルヌルになってしまうのです。

 

湯舟に入りすぎてのぼせかけた娘の美音。

「じゃあ、3人で並んでカラダを洗いっこしようか!」

 

並んだ順番から、宗介の背中を洗うのは鈴音の担当。

娘からは見えないのをいいことに、鈴音は背中を洗わずにおっぱいを背中に押し当ててみたり、うしろから手を伸ばして手コキを始めてしまうのです。

さらには「イキたい」のに、イカせてくれない鈴音。

早漏の宗助には天国と地獄が両方襲いかかってくるのでした。

 

 

お風呂の手コキで一発発射したあと、宗介をすっかり気に入ってしまった娘の美音のお願いで3人は同じ部屋で寝ることに。

絵本を読んでいると先に眠ってしまった娘と鈴音。

そして1人。

鈴音を相手にセックスしたことが頭から離れず、眠れない宗介。

 

鈴音に近づいておっぱいを揉みながらシコってしまうのです。

起きないのを確認したあとパンツの中に手を入れてしまうのでした。

 

(すごい・・・眠ってるのに濡れてる・・・)

 

でも、鈴音は少し前に目を覚ましていて、

「あんなに出したのにまだしたいの?」

セックスすることを許可してくれたのです。

 

「ママー!」

突然、娘の美音が目を覚ましてしまい、セックスは中止に。

 

「ちょ、ちょっと!」

我慢することなんて出来ない状況まで興奮してる宗介は、チ〇ポを挿れてしまうのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」2巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!2巻ネタバレはこちら

 

「宗ちゃんのおち●ぽ大きすぎ♡」ギャルママとパコパコSEX~3巻

 

鈴音のママ友の「日下部千夏」と買い物に行った宗介。

「今日は私の彼氏になって」

と言われて、ラブホテルに来てしまったのでした。

 

鈴音とは違い、スレンダーでBカップくらいのおっぱいの千夏。

宗介のデカいチ〇ポを見て驚いてしまうのです。

 

「おちんちんおっきくて全部入らないよ・・・」

口に入れて頬張ってる姿を見て、

(いじめたい・・・)

と思った宗介。

 

ただでさえデカいチ〇ポを、喉の1番奥深くまで押し込んでいくのです。

「おごっ・・・ごぼっ・・・」

口から泡を出すのと同時に、苦しくて目からは涙が・・・

「痛いの好きかも・・・♡」

 

イラマチオでバツイチギャルを征服して満足してる宗介と、初めてのイラマで知らなかった快感を覚えてしまった千夏。

 

「今度はこっちもいじめて♡」

オマ〇コを開いてナマ挿入をお願いするのでした。

 

挿入しながら乳首を噛んでしまう宗介。

「気持ち良いかも・・・」

イラマで知った痛いけど気持ち良いという快楽は、乳首でも感じることが出来たのです。

 

「どうだ!気持ち良いか!」

体位を正常位からバックへと変え、スパンキングする宗介。

 

「もっと!もっと叩いて下さい!」

お尻を叩かれながらピストンをされ、千夏は中出しを許してしまうのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」3巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!3巻ネタバレはこちら

 

「性欲処理に困ってたのよ」ギャルママとパコパコSEX~4巻

千夏とセックスしたあと帰宅するも、鈴音は外出中で留守。

さらに、出かける時に鍵を忘れてしまい、家に入れないのでした。

 

そんな時、宗介に声をかけてきたのは隣人の鵬月かなめさん。

家に招かれ食事を食べさせてもらったお礼に「なんでもします」と言ってしまったせいで、宗介は目隠しをされ手を拘束されベッドへ押し倒されてしまったのです。

 

旦那に先立たれ、5年間もセックスレスだった鵬月さん。

宗介のパンツを脱がせ、勝手にパイズリしてフ〇ラまでしてしまうのです。

久しぶりのチ〇ポに欲求を抑えきれなかった未亡人は、身動きできない宗介のチ〇ポを入れてしまうのでした。

 

やっぱり本物はいいわ♡

 

「浮気はしない」と心に決めていたものの、まだ若いカラダの鵬月さんは欲求不満。

オ〇ニーでは味わえなかった本物のチ〇ポの感触に思いっきり感じてしまうのです。

 

巨乳を自分で揉みながら大きなお尻を宗介に叩きつけていくうちに、膣奥まで届くチ〇ポでイってしまうのでした。

毎朝のように顔を合わせるお隣さん。

そして激しい腰の動きが気持ち良すぎて、さっきまで千夏とセ〇クスして何度も発射してた雄介ですが、中出ししてしまうのです。

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」4巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!4巻ネタバレはこちら

「哲っちゃんの変態・・・恥ずかしいよぉ」ギャルママとパコパコSEX~5巻

久しぶりに哲也とセ〇クスする鈴音。

「お尻をこっちに向けて、アソコを広げて見せてくれ」

と言われ、恥ずかしいけど素直にマ〇コを見せるのでした。

 

手マンでイカされてたせいで、びっしょりと垂れてるマン汁。

じゅるじゅる音と出しながらクンニされていくのです。

 

「イっちゃう」

「またイっちゃうよぉ!」

「だめぇぇぇぇっ!」

四つん這いのまま、哲也の顔に潮をぶっかけてしまうのでした。

哲也のチ〇ポをじっくりと見て

(男の人でも形って違うんだ・・・)

宗介のチ〇ポと比べてしまう鈴音。

(こんなコト考えてはいけない・・・)

自分の気持ちをごまかすように、夢中でフ〇ラしていくのです。

 

顔射された精子をペロっと舐めたあとチ〇ポを挿入。

宗介よりは小さいけど、鈴音の気持ち良いトコロをピンポイントで責めてくるのです。

 

「中にだしてぇっ!」

宗介には絶対にさせてあげなかった中出しを、愛してる旦那にはさせてあげるのでした。

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」5巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!5巻ネタバレはこちら

「また妄想オナしちゃった・・・」ギャルママとパコパコSEX~6巻

父親とケンカして、鈴音の家にしばらくすむことになった紫音(鈴音の妹)。

極度の男性恐怖症の紫音ですが、鈴音から

「宗ちゃんは優しい人だから」

と聞いていたこともあり、宗介に一目惚れしてしまったのでした。

 

好きな男性ができると、妄想オナする癖があった紫音。

この日の夜も自分でクリを触り、激しいオ〇ニーをしてしまうのです。

次の日、
大学生の宗介に勉強を教えてもらうことになった紫音。

「成績が上がったらご褒美をあげるね」

と言われて舞い上がってしまったのです。

 

自分の部屋に帰って宗介とのSEXを妄想オナしてると、

ドアの外では宗介はオ〇ニーの一部始終を見ていたのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」6巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!6巻ネタバレはこちら

 

「本当に顔にかけて大丈夫なんですか?」ギャルママとパコパコSEX~7巻

宗介が紫音のオ〇ニーを見ながら廊下でシコっていた時、その様子を見ていた鈴音。

宗介を押して、オ〇ニー真っ最中の紫音の部屋へ突入させたのです。

「ど、どうして?」

オ〇ニーを見られてパニックになる紫音。

なのに鈴音は

「3Pしない?」

妹に3Pセ〇クスを提案してしまうのです。

 

「なんで私がお姉ちゃんとエッチしないといけないのよ!」

ごく普通の反応をする紫音。

 

「本当にいいの?」
「目の前に妄想じゃない宗ちゃんがいるのに?」

それでも恥ずかしくてSEXなんて出来ないと言う紫音。

鈴音は宗介のチ〇ポを握って

「紫音ちゃんのオナ見てこんなに大きくしちゃってたんだよ?」

シコシコ手コキをするのでした。

 

宗介のチ〇ポを見て

(おっきい・・・)

オ〇ニーを初めてしまう紫音。

 

「紫音ちゃんゴメン!」

宗介は紫音の顔に精子をぶっかけるのです。

 

「宗介さん、私のバージンもらってください」

顔射されて覚悟を決めた紫音。

「私のバージンをもらってください」

宗介を相手に初体験をすることにしたのです。

 

「う・・・きつい・・・」

マ〇コが濡れていても、コンドームに潤滑液が着いていても、全然入っていかない宗介のデカチン。

でも、紫音は痛みを耐えながら

「んんんんっ」

チ〇ポを根本まで受け入れたのでした。

 

「つづきお願いします」

痛みから気持ち良さにどんどん変わっていき、処女を喪失。

「じゃあ、あとは2人で楽しんでね」

鈴音は部屋から出て行こうとするも、

「3Pするんでしょ?」

紫音は鈴音を引き留めて、3Pセ〇クスをするのでした・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」7巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!7巻ネタバレはこちら

 

「コッチは正直だね」ギャルママとパコパコSEX~8巻

鈴音が旦那と娘と一緒にアメリカに引っ越してしまう。

と知り、千夏に相談した宗介。

「じゃあ、私と付き合いなよ」

「私は本気だよ」

落ち込んでる宗介のパンツを脱がしてきたのです。

 

セ〇クスする気はないけど勃起していたチ〇ポ。

「あんたはじっとしてなさい」

「私が1人で動いて勝手に気持ちよくなるから」

シックスナインの体勢になって宗介の顔にマ〇コを押し付け、フ〇ラしていくのです。

 

一方的にマ〇コを見せられ、フ〇ラされて、もう限界に達してしまった宗介。

目の前のマ〇コに舌を入れながらクンニしてしまうのです。

手コキしてもらい、ごっくんしてあげた千夏。

それでもチ〇ポはフル勃起したままで、

「私をいっぱい犯して」

千夏はマ〇コを広げておねだりするのです。

 

ゴムは着けずに挿入して高速ピストン。

「まってまって!」

「もっとゆっくり動いてぇ!」

千夏は潮を吹かされ痙攣してしまい、何度もイカされてしまうのでした。

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」8巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!8巻ネタバレはこちら

「鈴音とア●ルセ〇クスで中出し」ギャルママとパコパコSEX~9巻

鈴音がアメリカに前の日の夜。

「大好きです!」
「アメリカに行って欲しくない!」

告白した宗介。

でも、鈴音からの返事は

「ごめん」
「私は哲也さんを愛してる」
「だからアメリカに行ってくる」

だったのでした。

 

フラれることは最初からわかってたけど、涙が止まらない宗介。

そんな宗介に

「まだ私のこと好き?」

「じゃあ大人の付き合いしよっか」

宗介を好きだけど離婚する訳にはいかない鈴音は「最後のSEXをしよう」と提案してきたのです。

 

フラれたショックで半立ちの宗介のチ〇ポ。

「テク見せちゃうかな・・・」

鈴音は恥ずかしそうな顔をして、宗介をちんぐり返しのポーズにさせていくのです。

 

「恥ずかしいんですけど・・・」
「ま、まさか?」

宗介のお尻に舌を入れ濡らしていく鈴音。

そのまま指を入れて前立腺を刺激していくのです。

 

さっきまでフニャフニャだったチ〇ポは一気に勃起。

そのまま前立腺を刺激されつづけて「出る!」勢いよく鈴音の口の中に発射したのでした。

「宗ちゃん、ココ使ってみる?」

「コッチならいっぱい中に出していいからね♡」

バックの体勢になってお尻の穴を広げる鈴音。

 

「哲っちゃんだって使ったことないんだから」

生まれて初めてのア●ルセ〇クスを宗介にさせてあげると言うのです。

 

ゆっくりゆっくりとチ〇ポを押し込んでいく宗介。

マ〇コよりも気持ち良い締め付けに、腰が止まらないのでした・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」9巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!9巻ネタバレはこちら

 

「今日はすごい濃いの出そうだね」ギャルママとパコパコSEX~10巻

(鈴音がアメリカに行ってしまい、宗介は落ち込んでるだろう)

と心配になってた千夏。

気分転換にでも。とお祭りに誘ったのでした。

 

ノーブラにノーパンで浴衣を着てきた千夏。

ちらちら見える小さいおっぱいに、宗介はドキドキしていたのでした。

 

そんな中、花火を見るために、人のいない木陰へやって来た2人。

花火が打ちあがった瞬間に千夏は宗介にキスするのでした。

 

「みんな花火に夢中だから大丈夫」

チ〇ポを露出させて根本から舐めていく千夏。

「最近、全然出してないもので・・・」

オ〇ニーもしていなかった宗介のチ〇ポは舐められてビクビク震えてしまうのです。

 

「今日はすっごい濃いの出そうだね」

亀頭を咥えたまま頭を動かしていく千夏。

 

「出ます!」

口からあふれ出してしまうほどのドロドロした精子がたっぷりと発射されたのでした。

 

1度発射してもまだビンビンでガチガチのチ〇ポ。

千夏に言われた「誰も見てないから大丈夫」という言葉を信じてセ〇クスすることに。

 

宗介は千夏を立たせたせておっぱいを出してもらい、そのままくぱぁをしてもらうのです。

花火の光でうっすらと見えるおっぱいにオマ〇コ。

恥ずかしくなってしまった千夏のオマ〇コは、「見られてるかもしれない」という興奮でマン汁を垂らしてしまうのです。

そのまま始まってしまったアオカンSEX。

アエギ声を出さないように必死に我慢しながら、セ〇クスは続いていくのでした...

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」10巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!10巻ネタバレはこちら

 

「先にイカせたらエッチして欲しいな」ギャルママとパコパコSEX~11巻

「木陰で千夏先輩が変態男に襲われてる!」

高校時代のヤンキーの先輩を「助けなきゃ!」と勘違いして、宗介に殴りかかってきた凜華。

(終わった・・・)

と思ってた時、千夏が守ってくれて宗介はケガすることなく無事だったのでした。

 

「宗介はダチだから大丈夫」

千夏が女子校生の時ヤンキーだったことを聞かされた宗介。

事情を聞いた凜華は宗介に心を開き、千夏と宗介と一緒にお酒を飲むことになったのでした。

終電の時間だというのに泥酔してしまった凜華。

起こすも目が覚めず、

「凜華に絶対に手を出さないこと!」

千夏はそう言い残して帰っていったのでした。

 

深夜、トイレに行こうと起きた宗介。

でも、凜華の股に手が入っていて、動くことが出来ないのです。

宗介の勃起してるチ〇ポを見てエッチしたくなった凜華。

おっぱいを見せ、パンツを脱いで誘惑するも、

「ダメです!」
「エッチは出来ません!」

千夏に言われた約束を守ろうとするのです。

 

「じゃあ勝負しよ!」

「先にイカせた方のお願いは絶対に聞くこと!」

 

2人は相手を先にイカそうと、

シックスナインをしてお互いの性器を舐めていくのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」11巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!11巻ネタバレはこちら

 

「腰が止まらないっ・・・」ギャルママとパコパコSEX~12巻

ク●ニで先にイカされてしまったのに、

「イってない!」

とウソをついて、フ〇ラでイカせて勝利を勝ち取った凜華。

 

(千夏にバレたら大変だ・・・)

と思ってるのにコンドームを装着させられ、そのまま挿入されてしまうのでした。

 

最初はなかなか入っていかなかったものの、上から体重をかけて押し込んだ凜華。

「すごい!」

「オマ〇コ壊れちゃいそ」

根本まで入った瞬間に高速で腰を動かしていくのです。

「あーすごいっ!」

「なんか出ちゃうぅっ!」

チ〇ポを1度抜くと、

プシャァ

大量に噴いた潮。

そのままもう1度奥まで挿入してセ〇クスを再会しようとした時、千夏から着信があったのです。

 

(この状況では電話に出ることなんて絶対できない)

と思っていたのに、スマホに出てしまった凜華。

 

「も、もしもし・・・?」

電話に出た瞬間に、凜華は腰を振って宗介をイカせようとしてくるのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」12巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!12巻ネタバレはこちら

 

「思ったより痛くない・・・バイト先の店長に襲われて」ギャルママとパコパコSEX~13巻

バイト先の店長「叶野京子」に誘われて、2人きりで食事に行った宗介。

飲み過ぎて「休憩していく?」と言われ、ホテルへとやって来たのです。

ホテルに入るとすぐ眠ってしまった宗介と、

(こんなチャンスは2度とない・・・)

シャワーを浴びる京子。

 

(もう気持ちを抑えきれない・・・)

眠る宗介にキスをしてる時、宗介の勃起したチ〇ポを太ももに感じるのでした。

 

(これ以上はダメよ・・・)

(でもちょっとだけなら・・・)

自分のせいで大きくなっちゃったんだから責任を取らないといけない。

とフ〇ラしていく京子。

口の中に発射された精子を飲み干すと、もう我慢をすることは出来なかったのです。

 

宗介の上に乗ってゆっくりと挿入していく28才で処女だった京子。

奥深くまで入った状態でオ〇ニーよりも気持ち良いチ〇ポを堪能していくのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」13巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!13巻ネタバレはこちら

 

「哲っちゃん気持ちいいよぉ・・・」ギャルママとパコパコSEX~14巻

アメリカに引っ越して哲也と幸せな生活を送っていた鈴音。

哲也の会社のパーティが終わって自宅に帰ると、

「僕のココはパーティーの間、ずっとこんなだったんだ」

ズボンを下ろしてパンツを脱ぎ、大きくなってるチ〇ポを見せてくるのでした。

 

「汗をかいたからエッチするのは恥ずかしい」

フ〇ラとパイズリでスッキリしてもらって終わるつもりだった鈴音。

でも、手マンされて潮を吹かされてしまって本気モードになってしまったのでした。

 

正常位で中出し。バックで中出し。

何度もイってるのに、まだまだ出し足りない哲也。

 

オマ〇コから中出しした精子が逆流してくるほど、注ぎこんでいくのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」14巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!14巻ネタバレはこちら

「私のはじめての相手になってください」ギャルママとパコパコSEX~15巻

バイトの後輩「鵬月瑠璃」の実家が経営してる旅館に、千夏・千夏の娘、凜華・凜華の息子と一緒に旅行に来た宗介。

「え?かなめさん?」

出迎えてくれた女将見習いの女性は、鈴音のとなりに住んでいてセ〇クスしたことがある「鵬月かなめ」だったのでした。

観光をして食事をしたあと、1人で露天風呂に入っていた宗介。

そこに、仕事を終えた「かなめ」と「瑠璃」が入ってきたのです。

 

急いで隠れる宗介と、隠れてる宗介を見つけて手コキしてきた「かなめさん」。

そんな時、

「え!なんで先輩がいるんですか!」

瑠璃がやって来て宗介の存在に気付いてしまうのです。

 

急いでおっぱいを隠すも、かなめさんにおっぱいを揉まれ、手マンされてしまう瑠璃。

その姿を見られて恥ずかしかった気持ちは吹き飛んでいき、

「私のハダカを見たんだから責任とってください」

処女を奪ってもらおうと、宗介のチ〇ポを握ってマ〇コに入れようとしてくるのでした・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」15巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!15巻ネタバレはこちら

 

「千夏と凜華と3P」ギャルママとパコパコSEX~16巻

瑠璃の初体験を終え、お風呂から上がってきた宗介。

眠ってる時、凜華に襲われてることに気付いたのでした。

気付いた時にはすでにフ〇ラの真っ最中。

告白され、「セックスしよう」と迫られたのです。

 

凜華が上に乗って挿入しようとした時、

「ちょっと待った!」

部屋に入ってきたのは千夏。

 

「巨乳がいいか、ちっぱいがいいのか決めて!」

2人はおっぱいを出して宗介に決めてもらおうとするのです。

 

「そんなの決めれませんよ!」

鈴音のこともあり、2人を選ぶわけにはいかない宗介。

なのに、

「決めなさい!」

凜華と千夏はマ〇コを広げて見せつけるように四つん這いになり、3Pセ〇クスを始めていくのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」16巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!16巻ネタバレはこちら

 

「今日は大丈夫な日だから」ギャルママとパコパコSEX~17巻

旅行2日目は宗介の誕生日。

サプライズで鈴音がアメリカから帰国したのでした。

なのに、
みんなで行った海でレ〇プ未遂に巻き込まれてしまった鈴音。

元ヤンの凜華が助けに来てくれて最悪の事態にはならなかったけど、

「すいません」

「日本にまで来てくれたのに・・・」

宗介は自分の不甲斐なさが悔しくて泣いてしまうのです。

「大丈夫だよ」

「宗ちゃんは私のヒーローだから」

宗介にキスをされ、

(日本に行っても絶対にエッチはしない)

と決めていたのに、服を脱がされても抵抗しないのでした。

 

乳首を舐められ手マンされてイカされてしまう鈴音。

もう止められなくなってしまい、
マ〇コを開いてナマ挿入をしてもらうのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」17巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!17巻ネタバレはこちら

 

「お尻に入れてほしいな・・・」ギャルママとパコパコSEX~18巻

1度発射したあと、パイズリされてすぐにカチカチになった宗介のチ〇ポ。

鈴音が柔らかい巨乳を使って刺激していくと、すぐに2発目を発射したのです。

(このニオイ、懐かしい・・・)

昔、何度もセ〇クスをしたことを思い出した鈴音。

「もう出ないかな?」

「お尻の穴でしてみる?」

お尻だと”中出しできる”という事と、
”哲也にも使わせていない”と思い出した宗介。

四つん這いになってる鈴音にお尻を突き出してもらい、ゆっくりと挿入していくのでした。

根本まで挿入されて、哲也とのSEXで感じれない快感に襲われる鈴音。

あまりにも気持ち良くて、自分でマ〇コをさわってしまうのです。

 

「もう出ます!」

宗介がお尻に中出ししたと同時に、鈴音はプシャァと音を出して潮吹き。

アナルセックスは何度も繰り返されていくのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」18巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!18巻ネタバレはこちら

 

「鈴音から告白されて実家へ」ギャルママとパコパコSEX~19巻

鈴音の娘の「美音」に

「一緒にばぁばの家に行きたい!」

と泣きつかれて、鈴音の実家に行くことになった宗介。

あいさつ程度に寄るつもりだったのに、

「今日は泊まっていって」

鈴音の母親に泊まっていくように勧められてしまったのです。

 

その夜、

「私も好きだよ。宗ちゃん・・・」

鈴音に告白されたことを思い出していた宗介。

 

「まだ起きてるかな?」

鈴音がビールを持って部屋にやって来たのでした。

鈴音の気持ちを聞いて、ムラムラしてしまった宗介。

実家だというのにおっぱいを舐めてしまうのです。

気持ち良くなった鈴音も抵抗することはせずに、マ〇コを見せたり、フ〇ラしたり・・・

 

アエギ声が聞かれて母親に気付かれないように、口を押さえながら何度もセ〇クスを繰り返していくのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」19巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!19巻ネタバレはこちら

 

「お姉ちゃんばっかりズルい!」ギャルママとパコパコSEX~20巻

父親に

「家庭教師を勝手に選ばれ押し付けてきたこと」

「姉と比べられてしまう事」

が面白くなくて、ケンカして家出していた鈴音の妹「紫音」。

元々は黒髪の清楚系JKだったのに、グレて金髪ギャルになっていたのでした。

 

宗介が父親を説得して家庭教師を引き受けることに。

その夜。

宗介の布団に忍び込んだ鈴音と紫音。

交代しながらフ〇ラを繰り返していくのです。

 

「今日はありがとうございました」

「お礼です。受け取ってください」

2人ともパンツを脱いでオマ〇コを見せ、順番に宗介をイカせていくのだった・・・

 

(このシーンは「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」20巻に収録されています。)

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!20巻ネタバレはこちら

 

ギャルママとパコパコSEX
人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!
無料試し読みはこちら

→DLsiteはこちら

まんが王国はこちら

(ギャルママとパコパコと検索して下さい)

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂! 感想

「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」を最新巻まで読んだ感想は、

この前まで童貞で彼女もいなかったくせに、色んなイイ女とヤリすぎでしょ!

登場する女の子たちも全員エロすぎでしょ!

です。

購入前のあらすじを読んで買って読み始めて1巻の途中までは、

「従兄のギャル妻を寝取ってセ〇クスしまくるだけのエロ漫画でしょ?」

と思っていました。

でも、「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」は

・セ〇クスまでの流れやシチュエーション
・呼吸や鼓動まで聞こえてきそうな描写やセリフ
・「こういう風にして欲しいな」というプレイ

が超エロくて、よくあるエロ漫画は1ページだいたい数秒で読み終えるのですが、1コマ1コマじっくりと読んでしまうほど見入ってしまう漫画でした。

(中には微妙な巻もありましたが、それでも平均点超えでした)

作者の「黒斗」さんの画力が高いのが作品の魅力を押し上げてる要因だと思うのですが、1巻よりも20巻の方がセ〇クスシーンも登場人物も上手くなってるのが非常に良かったです。

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂! 見どころ

「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」にはたくさんの見どころがありました。

ひと言でまとめると、

「こんな風にして欲しいSEXを全部してくれる。しかも、エロい美人に」

というところだと思います。

宗介がセ〇クスした女性は

・ギャルで巨乳の人妻「鈴音」22才。
・バツイチの千夏22才
・隣人の鵬月かなめ26才
・千夏の後輩「凜華」
・鈴音の妹「紫音」18才。女子校生の処女
・バイト先の店長「叶野京子」28才
・バイト先の後輩「瑠璃」

と色んなタイプの女性。
(処女と巨乳が多いです)

セ〇クス中のシチュエーションも

・寝取り
・童貞卒業
・泥酔
・逆レ〇プ
・処女喪失

など、AVに負けないジャンルの多さ。

プレイも、

・フェラ
・手コキ
・パイズリ
・中出し
・アナル
・逆レ〇プ
・ソーププレイ
・レズ
・3P
・声が出せない状況で・・・

など、男性なら誰もがして欲しいプレイが描かれています。

イカされて敏感になってるのに、追撃ピストンされて大量潮吹きや、イラマ、スパンキングなどの「S」の要素があったり、
イキたいのにイカせてくれないシーンや、前立腺で無理矢理射精させられる「M」の要素もしっかりと描かれています。

宗介のチ〇ポが人並み以上にデカく、精子量も多いので、中出ししたあとの逆流してる白濁液もエロさを倍増させていると思います。

ギャルママとパコパコSEX
人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!
無料試し読みはこちら

→DLsiteはこちら

まんが王国はこちら

(ギャルママとパコパコと検索して下さい)

買った人の口コミ(ネタバレ有り)

ギャルで人妻がエロくて最高!

★★★★★

家で普通にパンチラしてる美人ギャルを見たら、誰だって勃起するのは当たり前。

そんな女性と一緒に住んでたらチャンスがあればセックスしたいと思うはず。

あんなに巨乳で美人なギャルに童貞を奪って欲しくなってしまった。

スレンダーギャルとのSEXが良かった!

★★★★☆

巨乳よりはスレンダーちっぱい系女子が好み。

なので、千夏と花火大会でSEXする巻と、瑠璃とお風呂でセックスする巻は大満足だった。

鈴音の妹がGOODでした!

★★★★☆

ギャルしか出ない漫画なのかな?と思ってたら、黒髪の清楚系女子が登場。

しかも処女で妄想オ〇ニー大好きなエッチ娘。

夢中になってしまいすぎて、主人公の前で公開オナをしてるシーンは最高にエロかった。

レズはエロいが、姉妹ではちょっと・・・

★★★☆☆

美人のレズプレイは綺麗で好きですが、鈴音と紫音の姉妹でのキスはちょっと厳しいかな。

それ以外のシーンは気に入ってます。(特に10巻までは最高でした)

哲也と鈴音はどうなるのか?

★★★☆☆

アメリカから帰って来てまで、宗介との気持ちを整理したかった鈴音。

なのに、「好きです」なんて告白をしてしまい、旦那はどうなるの?っと気になってしまいます。

ハッピーエンドを見たい気持ちもありますが、NTRも見てみたい。

早く21巻を配信してください!

ハーレムSEXも見たい!

★★★★★

鈴音×紫音
千夏×凜華
かなめ×瑠璃

の3Pはあったけど、全員顔を合わせたんだから7PのハーレムSEXを見てみたい!

凜華×京子のバイト先仲間での3Pも出来たらお願いしたいです。

無料立ち読み方法を解説

「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」は数ページですが、無料立ち読みが出来ます。

・まんが王国の場合

1.「まんが王国」にスマホでアクセスする

2.検索窓に「ギャルママとパコパコSEX」と入力する

3.読みたい巻を選択する

→まんが王国はこちら

・DLsiteの場合

1.DLsiteへアクセスする

2.検索窓に「ギャルママとパコパコSEX」と入力する

3.読みたい巻を選択する

→DLsiteはこちら

おすすめの電子コミック

「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」は色んな電子コミックサイトで配信されています。

当サイトでは

・まんが王国(18才未満)
・DLsite(18才以上)

をおすすめしています。

■まんが王国をおすすめしてる理由

・1,2巻が無料(0円)
・3,4,5巻が半額キャンペーン

■DLsiteをおすすめしてる理由

・余計な広告など出ないので使いやすい
・登録などの手続きが簡単

■価格の比較

・まんが王国では通常で1冊当たり200円

・DLsiteでは通常1冊あたり440円

で購入できます。

「どうしてこんなに値段が違うの?」
と思って2種類両方の漫画を購入して比較してみました。

・書いてある内容は同じです。(どちらもフルカラー)
・性器の隠し方が違います。

DLsiteはモザイク処理で、まんが王国版は白塗りで性器を隠しています。

これから紹介するのは「DLsite」版の画像となります。

登場人物

■浦部宗介(20)

・大学生
・童貞だけど巨根

■大神哲也(30)

・宗介の従兄
・仕事が忙しくて留守がち
・妻を愛している

■大神鈴音(22)

・哲也の嫁
・旦那を愛している
・金髪でミニスカのギャル

■大神美音(4)

・哲也と鈴音の娘

■日下部千夏(22)

・鈴音のママ友でギャル
・バツイチ
・娘がいる

■鵬月かなめ(26)

・鈴音の家の隣人
・未亡人
・巨乳で欲求不満

■渡辺紫音

・鈴音の妹
・人見知り
・妄想好きの処女

■轟凜華

・千夏の後輩
・ヤンキー

-黒斗
-, ,