黒斗

黒斗「ギャルママとパコパコSEX」10巻ネタバレ│花火大会でアオカン

黒斗「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!10巻ネタバレと感想を紹介。

ギャルママとパコパコSEX~」10巻は前回からの続き。

宗介が家に帰ると、千夏がテレビを見ながら部屋で待っていた!

というシーンから始まっていきます。

 

前回のネタバレはこちら

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!9巻

 

宗介から連絡がなくて心配していた千夏。
カギが開いていたので勝手に部屋に入って、様子を見に来ていたのです。

「今度の土曜日ひま?」

千夏は宗介を誘い、お祭りへ行くことに。

約束の日。

宗介が待ち合わせ場所に行くと千夏は浴衣を着ていて、
いつもと違う色気ある姿に、興奮してしまうのだった・・・

ギャルママとパコパコSEX~【10巻】あらすじ・ネタバレ

屋台を見てまわり、久しぶりにデートを楽しむ宗介と千夏。

「今日ね花火大会があるんだ」

そう言って千夏は宗介を人がいない場所へと連れていくのでした。

「暑いねー」

そう言って浴衣を少しずらしてみると、ノーブラだった千夏。

宗介は乳首をじっくりと見てしまうのでした。

 

ドーン

花火が打ちあがった瞬間、宗介にキスする千夏。

「さっき私のおっぱい見てたでしょ」

「ねーえ…襲ってもいいんだよ…?」

そう言ってチ〇ポを出してフ〇ラしてしまうのです。

 

鈴音と住んでいた家を出てから、誰ともSEXしていなかった宗介。

軽く舐められただけでビクンビクン震えてしまい、

「出る!」

千夏の口からあふれ出すほど、大量に発射してしまったのです。

 

1度発射しただけでは、おさまらなかったチ〇ポ。

千夏にキスをして浴衣の中に手を入れて手マンしていくのです。

 

太ももにまで垂れるほど、びっちょりと濡れていたオマ〇コ。

「あの日」以来SEXをしていなかった千夏もまた、奥まで指を入れられると足がガクガク震えてしまうほど感じてしまうのでした。

 

立ったままクンニされ、これから挿入。となった時、
近くにやって来てしまったアオカン目的のカップル。

「今はダメ!バレちゃう!」

千夏が心配してるというのに、

「大丈夫です!」

宗介はチ〇ポを挿れてしまうのだった・・・

ギャルママとパコパコSEX~【10巻】感想と考察

お祭りの花火大会でセ〇クスしてしまう内容の「ギャルママとパコパコSEX~10巻」でした。

見つかったら大変なコトになってしまうくらい、恥ずかしい姿を見せてしまった千夏。

「宗介のイジワル…」

と言いながらも、潮を吹いてイカされてしまいました。

さらには、中出しされてチ〇ポを抜かれた瞬間におしっこまで・・・

恥ずかしいけどそれが刺激になって、これまでのセ〇クスの中で1番イキまくってる姿が最高にエロい10巻でした☆

ギャルママとパコパコSEX
人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!

無料立ち読みはこちら

→DLsiteはこちら

(性器のモザイクは「黒棒だけ」)

→まんが王国はこちら

(性器が白塗りのボカし処理です)
「ギャルママとパコパコ」
と検索して下さい

 

次回のネタバレはこちら

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!11巻

-黒斗
-, , ,