ユケモツ

エアコンが壊れた真夏日、汗だくの幼馴染とSEXし続けたら…最新33巻無料ネタバレ│潮吹きさせられる玲

エアコンが壊れた真夏日、汗だくの幼馴染とSEXし続けたら33巻のネタバレと感想、見どころと無料で読む方法を紹介。

あらすじ

友達のミカの紹介で、カフェでアルバイトをすることになった玲。

「気が散るから、絶対にカフェには来ないでよね」

樹にお願いするのでした。

 

(またナンパされないか心配だな・・・)

(でも、今日は玲が泊まりに来るからいいか)

そう思いながら樹が大学の帰りにカフェを覗いてみると、

玲がイケメン風の男と仲良さそうにしてるのを目撃してしまう。

というシーンから始まっていきます。

エアコンが壊れた真夏日、汗だくの幼馴染とSEXし続けたら…ネタバレ33巻

家に帰っても、

(バイト先に来ないでよねって言ってたのはそういうことか・・・)

さっきの事が頭から離れない樹。

その時、

「おじゃましまーす」

玲が泊まるために家にやって来たのでした。

 

久しぶりに樹と一緒にいれて楽しそうにしてる玲とは反対に

「今日、仲良さそうにしてたの誰?」

樹はさっき見た事を玲に問い詰めていくのです。

 

「俺は玲にずっと会いたかったのに」

そう言って玲をベッドに押し倒し、
キスして服も下着も脱がしていくのでした。

 

「キスだけでこんなに濡れるの?」

手マンしてクンニしていく樹。

「まって!やめて!」

と言ってるのに樹はクンニを止めないのです。

 

敏感な部分を高速で舐められて、
痙攣しながらイってしまったのでした。

 

イって呼吸も荒くなっていて少し休憩したいのに、

マ〇コに指を入れてGスポを刺激されながら
同時に固くなってる乳首を吸われて、
絶叫しながらイカされてしまうのです。

 

玲のイってる姿を見てフル勃起してしまった樹。

チ〇ポをマ〇コに擦りつけながら

「入れてほしい?」

玲に聞いていくのでした。

 

いつもなら恥ずかしくて
自分からは言えないけど、

すでに2回もイカされて早くエッチしたい玲。

 

「い、いれて・・・」

 

樹におねだりしてしまうのです。

 

でも、

樹はチ〇ポを入れずに、

敏感になってるオマ〇コに指を入れて、再び高速手マンしていくのでした。

 

「なんでぇぇぇぇぇ!」

 

チ〇ポを入れられてSEXしたいのに、手マンがあまりにも気持ち良くて絶叫してしまう玲。

ビクンビクン痙攣しながら、

「ああああああああああ~っ!」

さらにイカされてしまうのです。

 

玲がチ〇ポを入れて欲しそうな顔をしてるのを見て

「もっとおねだりしたら」

「入れてあげてもいいよ?」

まだ挿入する気配がない樹。

 

3度もイカされて超敏感になってるオマ〇コを

じゅるるるるっ

音を出しながらマン汁を吸い、手マンして、潮吹きイキさせていくのだった。

エアコンが壊れた真夏日、汗だくの幼馴染とSEXし続けたら…33巻感想

手マンとクンニだけで潮吹きイキするシーンが超エロく濃厚に描かれていた「エアコンが壊れた真夏日、汗だくの幼馴染とSEXし続けたら…33巻」でした。

相変わらず、玲のエッチしてる時の顔がエロ可愛かったです。
ヾ(*´∀‘*)ノ

イカされてる時の

・足がビクビク震えてる姿

・手マンしてカラダをのけぞらせながらイク姿

・イったばかりの敏感なマ〇コを広げられて「えっ?」っていう時の顔

・「入れて」恥ずかしそうにお願いした時の顔

・潮を吹きながら痙攣してる時の全身

など、
エッチシーンが超エロく描かれていました。

 

ストーリー的には、

「玲をこんなにイカせられるんだから、カフェで仲良さそうにしてた男より俺の方が凄いだろ?」

ヤキモチを焼いた樹が自分のテクニックを一方的に披露する内容。

最終的には

「最低!」

と言われてビンタされて、玲は家を出て行ってしまったのですけど・・・

「次回以降はどんな内容になるのか?」
つづきが気になる終わり方でした。

エアコンが壊れた真夏日、
汗だくの幼馴染とSEXし続けたら…
33巻
無料立ち読みはこちら

600円分のポイントが貰える超オトクなU-NEXTはこちら

U-NEXT

無料で読める漫画が多い「まんが王国」はこちら

まんが王国

「エアコンが壊れた日」
と検索して下さい

(漫画の配信状況は2021年6月2日の情報です)
(会員登録前に配信状況をご確認ください)

次回のネタバレはこちら

→エアコンが壊れた真夏日、汗だくの幼馴染とSEXし続けたら34巻

(2021年6月2日現在未配信です。配信後すぐにネタバレします)

「エアコンが壊れた真夏日、汗だくの幼馴染とSEXし続けたら…」33巻ネタバレにお付き合いいただきありがとうございました。

-ユケモツ